ザルツブルク在住者による、グルメ・文化・旅行の贅沢日記
by salzburg-info
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
書く人々:

lara♀ (在住23年目):
音楽家
食と酒に命をかける仕事人
食範囲B級からS級まで


sepp♂ (在住20年目):
オーストリア国家資格ガイド・通訳
音楽専門書翻訳
バストロンボーン奏者
オーケストラ指揮

日本人同僚2人が共同で書く、ザルツブルク発のブログ。


当ブログコメント欄は、以前より記事に関しての内容にてお願いしております。

ブログ記事内容と関係のない、観光に関するご質問、個人的ツアーのお問い合わせ等は下記メールアドレスへお願い致します。


コンタクトアドレス:
salzburg-info@excite.co.jp

@を半角記号の@に変えてご送信下さい。

このブログ内の文章・写真などは、それぞれの著作者に帰属しており、無断転載・引用はお断りしております。

リンクの際はご連絡をお願いします。
最新のコメント
(゚o゚;;鍵のコメント..
by salzburg-info at 22:39
> laraさま ..
by salzburg-info at 07:18
sepp さま。 ..
by salzburg-info at 04:12
> yumiさま ..
by salzburg-info at 07:06
yumi さま。 ご覧..
by salzburg-info at 07:27
つきじろうさま。 あは..
by salzburg-info at 07:16
「マツコの知らない世界」..
by yumi at 21:41
お花見良いですねぇ~~!..
by yumi at 21:33
ご紹介ありがとうございま..
by つきじろう at 06:53
> X.T.C.Beat..
by salzburg-info at 05:10
カテゴリ
以前の記事
タグ
検索
ブログパーツ
記事ランキング
ブログジャンル
2016年 07月 12日

オーストリアの茹で豚+わさび添え

ザルツブルクは夜になって雨が降り始め、いよいよ気温が急降下の雰囲気。

久々にザルツブロガーのlaraさんと一緒にお食事する機会があり、うちから割と近いのに行ったことが無かったWeiserhof(ヴァイサーホーフ)へ初訪問。

laraさんは以前かなり頻繁にいらしてたそうですね。

Gasthof Weiserhof

Weiserhofstraße 4
A-5020 Salzburg

開店時間
月曜日~金曜日 11:00~23:00
土曜日・日曜日・オーストリアの祝日定休
c0167813_6494487.jpg

伝統的な料理にこだわりを持つお店、最近のGasthof(レストラン付き旅籠のような形態)ではメニューがだいぶ普通のレストランになりつつありますが、こちらは違います。

私はかなりの空腹だったので、まずはスープから。
c0167813_631430.jpg

laraさんは、このレバー団子スープに、
オーストリアの白ワイン「グリューナーヴェルトリーナー」が合うとお勧め。

私は自主的休肝諸事情により25日間アルコールを飲んでないので、アルコールフリーのビールを・・・。
c0167813_645578.jpg


レバー団子のスープは、団子も柔らかく、味も血なまぐさくないというスタイル。
c0167813_6332278.jpg

大抵は団子が固すぎたり、スープの塩味が濃すぎるのですが、非常に素晴らしい完成度でした。
c0167813_6343778.jpg


そしてlaraさんはメインが、お酢のソーセージ。
このメニューに使われているソーセージは、牛肉、豚肉、ベーコン、そして繋ぎにジャガイモの澱粉が入ったオーストリアスタイル。
c0167813_638442.jpg

しかも自家製!
ここに生玉ねぎ、お酢、そしてパンプキンシードオイルが少々。
c0167813_639999.jpg

laraさんは、夏これを良く食べていますよね~。
このソーセージはさすがに自家製で、普通のお店のものとは全く違います!
さらにパンも自家製。
c0167813_6424725.jpg



私のメインはKrenfleisch(クレーンフライシュ)、Krenはホースラディッシュ、Fleischはお肉。

昔Novaでドイツ語を習っていた時に、全くドイツ人の講師たちには理解されなかった単語!(笑)
オーストリアのローカルな名称と食べ物です。
c0167813_6421684.jpg


豚の三枚肉をブイヨンと茹でて(少々甘目の味付け)、その上に人参などの茹でた野菜と共に、ホースラディッシュを大量に載せてきます。
c0167813_6444957.jpg


このホースラディッシュが辛くないと、擦ってからしばらく時間が経過しているという意味に。
c0167813_6454278.jpg


この料理は初めてオーストリアを1人で15歳の時に訪問した28年前、父の友人であるトーンキュンストラー管弦楽団チェロ奏者Yさんが連れて行って下さったガストホーフで食べて以来、非常に好きになった料理。

ところが最近、ザルツブルクのあたりでは見かけることなく、食べる機会が無かったので非常に嬉しい再会でした!! 次回は自宅で作りましょう~。

c0167813_649989.jpg


laraさんには色々と積もる話を聞いていただき、ありがとうございました!!

値段も通常のレストランと比べてかなり安めなので、またの機会に訪問出来ればと思っています。


c0167813_6521615.jpg



sepp







by salzburg-info | 2016-07-12 17:00 | 食事 | Trackback | Comments(2)
2016年 06月 08日

ハモン・イベリコ@ザルツブルク

ザルツブルクは今日やっと快晴! 夕立もなく暑い一日。
c0167813_6479100.jpg

いつもの風景なはずが、家の前の工事現場のせいで・・・。そしてもの凄い騒音! 一日中家に居た今日は、事務仕事も騒音でなかなかはかどりません。
c0167813_648343.jpg


そんな中、大事な打ち合わせがあり、急遽laraさん、Erikaさんが集合。

前半はErikaさんの自作豆腐、
c0167813_650712.jpg

別件の揚げ出し豆腐、
c0167813_6503037.jpg

これも打ち合わせ用のうどんを食べつつ、
c0167813_6511415.jpg


laraさんが5月初旬にマドリッドから運んでくださり、わざわざ取っておいて下さった、「ハモン・イベリコ」を!
c0167813_6535100.jpg

Wikipedia日本語版より:
ハモン・イベリコ(スペイン語: Jamón Ibérico)はスペインのみで作られる黒豚イベリア種(セルド・イベリコ)の生ハムである。このイベリア種は、スペインではパタ・ネグラ(黒い脚の意)と呼ばれることも多い。

上記打ち合わせ食事を食べている途中、空気に触れさせる為の開封作業。

マドリッドのスペイン王立オペラオーケストラ ヴァイオリン奏者しょうこさんご用達のお店。
そこでハムを切るマイスターがわざわざ切ってくださったという、ザルツブルクでは手に入らない品。

ヴァイオリン奏者しょうこさんからのプレゼントとの事で、ありがとうございました!!



c0167813_655295.jpg

REALというのは英語で言うROYALに相当するので、REAL MADRIDは王立マドリッドサッカークラブなわけで、オペラ座もREALな王立オペラ、そしてこのお店もREAL!

さすがは王女様と気軽に話した事があり、オペラ座近くでタパスを食べるとファンの方が話し掛けてくるという、しょうこさんならではの繋がり。
c0167813_658399.jpg


この日はマドリッド情報を日々発信している日本人女性もいらしていたとの事。
マグロの話など、非常に興味深いホームページです!

事前連絡で、赤ワインが必要との事でしたが、うちには安いスペイン・テネリファ島産の赤ワインしかありませんでした・・・。
c0167813_6593168.jpg

が、これが意外と合いました。

そして超有名マイスターの切り方は、脂身が多いところは短く薄く、脂身が少ないところは長めで厚めに見えました。
c0167813_73589.jpg

最初は実に深い木の実のような味、そして後半はチーズのような発酵食品の味!!!
私もスペインは何度か行っているので、同じようなハムを食べた事はありますが、全然違いました!

実は普段ヨーロッパに住んでいるのにハム・ソーセージ等はまず食べませんが、今回は脂身が非常に美味しく、またすぐ食べたくなる味わいでした。

恐らくこれをオーストリアのスーパーで売っているように、均一に薄く切ったら何も意味がない事でしょう。


やはり持つべきものは日本でも外国でも、地元在住の友人ですね~。しょうこさん、ありがとうございました!!

ある方が日本へ持ち帰り忘れたハムなのですが、とはいえわざわざ1ヶ月も私の為に取っておいて下さってありがとうございました!

次回は沢山購入して来て下さい(笑)。


sepp







by salzburg-info | 2016-06-08 07:12 | 食事 | Trackback | Comments(0)
2016年 05月 30日

白アスパラ料理でlara様お誕生日会

ザルツブルクは昨日の暑さから一気に20℃へ急降下。
今週しばらくは晴・雨・曇りの不安定な予報。

ほぼ1ヶ月前ですがlara様お誕生日会の話。

1663年創業のBärenwirtへ。

Bärenwirt
Müllner Hauptstraße 8
5020 Salzburg

Tel. +43 (0)662 422 404
定休日なし
11:00~23:00
料理
11:30~14:00
17:30~21:30

ミラベル庭園裏から川を渡ってすぐなので、旅行でいらしても行きやすい場所。


この日はヴァイオリン奏者、モーツァルテウム音大講師、弁護士、カメラマン、ブロガー(笑)などlaraさんの親しい友人が集合。

それぞれがお誕生日プレゼントをお渡し、特に素晴らしかったのがヴァイオリン奏者Eさんからの凝ったプレゼント!
c0167813_17244644.jpg

中からお手製の朝食付き宿泊券が登場、
c0167813_1726090.jpg


オーストリア伝統料理のお店、皆でワイワイ話しながら注文を練ります。

カメラマンA氏は伝統的なSchweinsbraten(豚のロースト)を注文、ガッツリ系。
c0167813_17282052.jpg


Mちゃんはケーゼノッケルン(チーズすいとん)、
c0167813_1742121.jpg


Eさんは普段からあまり夕食を食べない人なので、白アスパラスープ。
c0167813_17432822.jpg


普通の白アスパラを食べたのは誰だ?(笑)
c0167813_17424575.jpg


laraさんとErikaさんは、白アスパラの揚げ物(だった記憶)
c0167813_17391595.jpg

揚げた白アスパラはウィーンで食べた事がありましたが、実に美味しそうですね~。

そして仕事がハードだったこの日の私は、白アスパラとステーキのガッツリ系。
c0167813_17442096.jpg


脂身の少ないお肉と白アスパラ、そしてソースがお肉にも合って素晴らしいものでした。

写真が無いものの、レストランのほぼ向かいで醸造しているザルツブルクのAugstiner Bierが素晴らしく。

lara様を囲んでの楽しい話は尽きません。

そして〆に出てきたのがシュナップス。
c0167813_1748183.jpg

c0167813_1748198.jpg

松(?)か何かだった記憶がありますが、話した内容は覚えているのに、最近記憶の低下が激しいので飲み物は覚えていません(笑)。

そして思いがけずlara様に、全員がごちそうになっていてビックリ!!!
ヨーロッパでは誕生日の人が皆さんをご招待しますが、ここまでの人数で各自が好きなように注文しての事ですので、それはどうかと・・・。
次回はこちらの方でオーガナイズさせて頂きましょう。

今回来れなかった友人達が居たそうですが、再びこうした気の置けない友人達の集まりが出来るととても嬉しいですね。

lara様、お誕生日おめでとうございます、そしてごちそうさまでした!



sepp







by salzburg-info | 2016-05-30 17:55 | 食事 | Trackback | Comments(2)
2016年 04月 10日

2016年レストラン Pfefferschiff訪問

ザルツブルクは2016年4月9日朝3℃の気温でスタート・・・。
c0167813_6482281.jpg

ザルツカンマーグート地方ヴォルフガングの街も午後6℃でしたが、
c0167813_6485789.jpg

明日は16℃の予報、早く暖かくなってほしいところです。


2016年ザルツブルク・イースター音楽祭の最終日。
ツアーにお越しの皆様からのリクエストがあり、ザルツブルク市郊外ハルヴァングにあるレストラン
Pfefferschiff(プフェッファーシッフ)
を久しぶりに訪問。
c0167813_715044.jpg

Restaurant Pfefferschiff
Familie Vigné
Söllheim 3
A-5300 Hallwang/Salzburg
《要予約》
火曜日~金曜日 18:00~
土曜日12:00~14:00 18:00~
日曜日・月曜日定休(イースター音楽祭・ザルツブルク音楽祭期間は不定休、公演にあわせて営業)

私には高すぎて絶対行きませんが、前回2015年夏は日本人作曲家S氏+ご友人御一行から「モーツァルトが食べた物を!」とのリクエストがあり、このレストランを発見。

事前にレストランと私でメニューを色々と協議して訪問。S様ご招待ありがとうございました!
c0167813_656924.jpg

これがモーツァルトの好きだった「とある物」ですが、企業秘密でお教えできません。
(モーツァルトと父レオポルドの間の手紙には書いてありますね・笑)
c0167813_721086.jpg

今回も私には無理なので、レストランまで同行して注文、即帰宅と思っていたのですが・・・。
毎年イースター音楽祭ツアーにお越しくださるお客様がご招待して下さり、非常に幸運にも同席させて頂きました。
ご招待ありがとうございました!!

これで2度目の訪問ですが、前回訪問時が特殊なオーダーでメールのやり取りが相当あった為、社長ご夫妻が覚えていて下さって一安心。
c0167813_751571.jpg

今回も紙で渡されたメニューには掲載されていなかった、このコースをお願いし・・・。

まず牡蠣、きゅうりを使ったソースがあっさり、臭みを消していてビックリ。
c0167813_753970.jpg

そして自家製のパン、
c0167813_763761.jpg

c0167813_775388.jpg


牛の胸腺、モツ系の臭みがなく、クリームもくどくなく、実にバランスのとれた量。
c0167813_792691.jpg


そして皆様「もうデザートなの???」と驚いたこちらは、
c0167813_7111283.jpg

このドーナツ状のラズベリーソースでコーティングしてあるものがフォアグラです!
c0167813_7131299.jpg

こちらと一緒に食べると、非常に癖がないうえに、ラバーブ・ラズベリーの甘さとマッチして素晴らしい展開。
c0167813_714047.jpg


シーフードとウイキョウ・オレンジスープ
c0167813_7163456.jpg

ウイキョウのあっさりした感覚と意外と濃厚なスープ、そして味の詰まったシーフードが合っていました。

そしてナマズのコンフィ、緑の葉は『行者ニンニク』、
c0167813_7415843.jpg

アッサリとして非常に美味しいものでした! ナマズは日本で食べた事が無かったのですが、オーストリアに住むようになって機会が多く、すっかりファンになりました。

口直しのシャーベットが来て、
c0167813_7451460.jpg


メインはラム!
c0167813_750719.jpg

そしてラムラグーとレンズマメ、
c0167813_7513956.jpg

ザルツブルク州南部のタウエルン高原のラムは、環境の良い中育って非常に有名。
実に素晴らしいメインでした。

デザートはチーズをお選びの方と、私の様に「カッテージチーズのムース」の2つに分かれて、
チーズはお好みを言えば選んでくれますが、この量・・・。
c0167813_7542392.jpg


デザートは非常に美味しいものの量がありました。
c0167813_7535996.jpg


毎年イースター音楽祭のツアーにご参加の方、今回が2度目の方、そして今回初参加の皆様、そして毎年添乗のSさんとは、今回あまりゆっくりお話する機会がありませんでしたが、このお食事で色々とお話する機会が出来て、非常に嬉しい時間になりました。

来年はザルツブルク・イースター音楽祭50周年記念でご参加の方が増えると思いますが、次回もこうした企画をご提案出来ればと思っております。

H様にご招待頂きありがとうございました、また来年もお待ちしております!!


sepp





by salzburg-info | 2016-04-10 08:02 | 食事 | Trackback | Comments(0)
2015年 10月 12日

ザルツブルクのネパールレストラン カトマンズ

ザルツブルクは10度の気温で曇り・・・。
c0167813_612513.jpg


lara様と連絡を取ったところ、仕事で山頂に居るとの事、気温2度だったそうです・・・。連絡が来てから撮影してみると会場は雲の中。
c0167813_6155576.jpg




アジア圏に詳しい友人の提案で久々に外食。
ネパール料理 カトマンズ

火~日曜日 11:30 -14:30 , 17:30 - 22:00 月曜日 17:00 - 22:00

祝日 11:30 - 14:30 17:30 - 22:00
電話番号 +43 662 875087

住所: Moosstrasse 36 A-5020 Salzburg

何しろアジア圏は生まれ育った日本、友人が居るマレーシア・クアラルンプール、大昔に旅行した香港以外は行ったことがなく、一体どういう料理なのか見当もつきません。

アジア圏に詳しい友人(日本、韓国、中国、インド旅行済み)は、「インドの料理にに似ている」と言っていましたが、一体どういうものか?

レストラン前は相当な回数、仕事で通っていたものの初訪問!
c0167813_6215970.jpg


まずビールが隣国ドイツのSchönram Bierでビックリ!
車でザルツブルクから30分前後の場所とはいえ、隣国のビール会社を使うのは非常に珍しいケース。

ドイツ風で軽めなビール、オーストリアの濃厚な味に慣れているのでかなり軽く感じます。
c0167813_6265068.jpg


意外とメニューは多くなく、とはいえ全部試すのは難しい感じ。値段もかなりお手頃な中、やはりカレー系が多い様子、その中で目立ったのがコレ。
c0167813_6352777.jpg

鶏肉とココナッツ- ウイキョウ- 胡麻のカレーソース

友人は軽く食べるらしく、以前食べたというパコダを注文。

パゴタは野菜のかき揚げの様なものでした(笑)。
c0167813_6373628.jpg

ミントソースがピッタリ。
塩やタレ、さらには蕎麦やうどんが欲しいと思うのは日本人だけの様で・・・。
c0167813_6385577.jpg


私の方は結構なボリューム、
c0167813_6404750.jpg

思ったより辛め、そしてココナッツ、ウイキョウ、ゴマの混ざったカレーは、あっさりしつつも複雑な味わい。
ウイキョウが入っている感じは、さっぱり感だけで特に味がするわけではありません。
c0167813_6423738.jpg


日本のカレーを作ろうと思っていたのに時間が無く、ちょうど良いタイミングで食べる事になりました。

誘ってくれた友人に感謝!

この日は結局仕事、レストランへの往復含め、
c0167813_7135041.png

17.19Kmも歩いていました!



《おまけ》
1日目は炊き込みご飯になったポルチーニ、フィンランド国立オペラの友人から「ポルチーニはフィンランドに多数あるものの、炊き込みご飯は思いつかなかったので作ってみる」と嬉しい連絡。

2日目は普通にクリームソースパスタ。
c0167813_71181.jpg

自分の作ったソースの問題があると思いますが、意外と炊き込みご飯の方が好きかも・・・。


sepp
by salzburg-info | 2015-10-12 07:02 | 食事 | Trackback | Comments(0)
2015年 08月 13日

築地 河岸頭社長Hさん ザルツブルク訪問!

ザルツブルクは今日も暑く35度・・・、明日8月13日木曜日は再び37度の予報。
週末からは涼しくなるとの事で、早く落ち着いてほしいところ。


7月下旬のある日、築地の大好きな刺身Bar 河岸頭の社長Hさんが、ザルツブルクまでご家族でいらっしゃって下さいました!!

昨年お会いしたときに、仕事でポルトガルに行く可能性が高いとは聞いていたものの、旅先からメールを頂くまで、遠いザルツブルクまで来て下さるとは思っても見ませんでした。

まずミュンヘンから車でご到着後、ザルツカンマーグート日本語ツアーにご参加頂き、天気の素晴らしかった郊外をご覧いただきました。
c0167813_4534494.jpg

ツアー後は美味しいビールとのリクエストで、ザルツブルクのミュルナーブロイへ
c0167813_4563298.jpg

築地以外でお会いしたことがないHさんと私が、ザルツブルクのビアーガーデンで2ショット!(笑)
laraさんは日本滞在中で、とても残念でした!
ビールに合うものをチョイスして来ました、
c0167813_458948.jpg

大根、
c0167813_4584237.jpg

豚のすね肉、
c0167813_4594887.jpg

その他白いゴボウなども・・・、
c0167813_501759.jpg


H社長、ごちそうさまでした!


そして翌日、「ザルツブルクの魚レストランは?」という話になり、以前ブログ2回登場しているBackiへ。
白ワインでカンパ~イ!
c0167813_555633.jpg

早速Backiの社長にHさんをご紹介、「築地で非常に有名な刺身Barをしている社長さんですよ」と言うと、さすがに反応が違います(笑)。
普段なら前菜は盛り合わせ状態なはずが、「盛り合わせだと魚の味の違いが分かりにくいだろうから、今日は一皿ずつ行くからね」との事。

この日は残念ながら月曜日、普段より魚の種類が多くはありませんでしたが、マグロのカルパッチョからスタート、
c0167813_59795.jpg

なかなか味わい深く、あっさり目のマグロ、
c0167813_51041.jpg


そしてサーモン、
c0167813_5122797.jpg

生のサーモンとアヴォカドが非常に素晴らしい相性、味付けが薄いので魚本来の味が良く分かります。
c0167813_5132848.jpg


そして焼き物(?)は海老、
c0167813_5144113.jpg

焼き加減が絶妙に素晴らしく、ソースは少し辛くエビチリのような味わい・・・。
c0167813_5153112.jpg


そしてムール貝、
c0167813_5174752.jpg

ハーブと共にマイルドな味わいでした、
c0167813_5181189.jpg


この日はBackiお勧めのスロヴェニアワイン、どれもあっさりスッキリと美味しいものでした。オーストリア・スイス・スロヴェニアワインは量が取れないので、あまり輸出しないですからね~。
c0167813_5274062.jpg

c0167813_5275822.jpg


イカ焼きも出てきて、
c0167813_5214728.jpg

焼き加減が素晴らしく、非常に柔らかいイカ、
c0167813_5222477.jpg


かなり多く前菜を出してくれた後は、メインのスズキがドドーンと登場!
c0167813_5252914.jpg

焼いた後でこの厚みは、凄い事です・・・。
c0167813_526645.jpg

c0167813_5263738.jpg


魚の専門家H社長に取り分けていただき、とても美味しく頂きました!!
c0167813_5303981.jpg


Backiの社長もお店が一段落して一緒にテーブルを囲み、K岸頭の話やBackiの話など、魚大好き同士の話が弾みます。

何本ワインを飲んだか良く分かりませんが、〆の赤ワインも登場し、話は尽きません。

そして最後にBackiの社長から、H社長にプレゼントが・・・。
c0167813_5324433.jpg

もうこれでH社長はザルツブルクのBackiで働けますね(笑)。

海の無いオーストリア、しかもアルプスが近いザルツブルクで、魚レストランへ魚の専門家をご案内するのはとても勇気のいる事でしたが、H社長ご家族、そしてBackiの社長にも大変喜んで頂き良かったです!!

今回初めてお会いしたH社長の奥様お嬢さん
ヴァイオリン奏者のErikaさん、
そしてH社長、わざわざお越しくださって、非常に嬉しい時間をありがとうございました!

しかも御馳走になってしまい申し訳ありません・・・、この分は築地にお邪魔した時に・・・。

また日本でお会い出来ることを非常に楽しみにしております!!!

c0167813_5391936.jpg





sepp



by salzburg-info | 2015-08-13 05:41 | 食事 | Trackback | Comments(6)
2015年 06月 30日

2015年 ザルツブルクの「カフェ・バザール」で朝食

ザルツブルクは今日も快晴!
気温はあまり上がりませんでしたが、湿度が高く、蒸し暑い感じだった、2015年6月29日。

急遽日曜日の朝食をカフェで取る事になり、外へ。
c0167813_610473.jpg

来月の重要案件のオーガナイズから、2016年3月、8月の事まで延々と調べ物、メール、連絡等が続き、そこに通常ツアーがある毎日・・・。

今日は8:30からメールが続き、12:00~18:00ツアー、その後別件の用事を済ませ20:30から再びメール作業、やっとブログを書き始めたのが23:00・・・。どこか(?)のブロガーの方と同じような状況でしょうか・・・。

忙しい中でも、たまには落ち着いて朝食をと思い、一番好きなモーツァルト住居下のカフェ・クラシックに行ったところお休み・・・。

他のカフェでの朝食も色々と試しましたが、量を多く食べられないので、コストパフォーマンスにザルツブルクで一番すぐれているのは、今までのところカフェ・クラシックだと思っています(他のカフェにあまり出かけないから?)。

そんな中、既に外に出てきているので、カフェ・クラシックの近所にあるカフェ・バザールへ。
マレーネ・ディートリッヒ、ザルツブルク音楽祭の創始者マックス・ラインハルト、同じく創始者で詩人のヒューゴー・ホーフマンスタールも訪れたカフェ。
c0167813_6182591.jpg


先日ベルリンへ出かけた時も、ホテルの朝食はあえて取らず、ベルリン市内のカフェに出かけたものの、オーストリアと同様な雰囲気+コストパフォーマンスは非常に難しい様子。さすがカフェ偏差値が高いオーストリア。

c0167813_6211864.jpg

う~ん、この場に及んでも、カフェ・クラシックの朝食メニュー表が頭に入っているので決めにくく・・・。

でも希望したメニューがあり、私も同じ物を注文。
店員の皆さんは非常に丁寧で、非常に気持ちよい対応。
(注・ランニングの途中に立ち寄った、上から下までスポーツの服装の方が、場に合わないという理由で入店拒否されたこともあるので、スポーツ以外の服装で来る必要があります)

c0167813_6261896.jpg

ザルツシュタンゲル(塩の付いたパン)に、最初からバターが塗ってあり、
c0167813_6264545.jpg

半熟の玉子が2個、
c0167813_627155.jpg

どこのカフェに行っても、この絶妙な茹で加減が嬉しいところ。希望すれば固ゆでにしてくれます。

珍しくゆっくりの朝食、他愛もない話をしつつ向かいを見ると、学生の頃良く通った中華レストラン跡の建物が・・・。小澤征爾氏もお気に入りだったあのレストラン、元経営者の方とは数か月に一度路上でお会いしますが、時の流れを感じます。
c0167813_6281174.jpg


ウィーン風の天井の高いカフェ、時によっては人の声が響きすぎで気になりますが、この日は皆さん外がメイン。
c0167813_630396.jpg


カフェで友人・知人と偶然遭遇し、短く話すことも多く、昔ながらのオーストリア・カフェ文化を感じ・・・。
c0167813_6323071.jpg


日本の大学の同級生が居るカナダ・カルガリーは週末30度超え、同じく同級生が居る北海道・小樽も33度、日本の大学の後輩がいるトンガ王国は南半球(冬)なので23度・・・。

ザルツブルクも今週はさらに暑くなり33度の予報、
c0167813_6331150.jpg


いよいよ夏本番でしょうか?




sepp
by salzburg-info | 2015-06-30 06:36 | 食事 | Trackback | Comments(0)