ザルツブルク在住者による、グルメ・文化・旅行の贅沢日記
by salzburg-info
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
書く人々:

lara♀ (在住24年目):
音楽家
食と酒に命をかける仕事人
食範囲B級からS級まで


sepp♂ (在住21年目):
オーストリア国家資格ガイド・通訳
音楽専門書翻訳
バストロンボーン奏者
オーケストラ指揮

日本人同僚2人が共同で書く、ザルツブルク発のブログ。


当ブログコメント欄は、以前より記事に関しての内容にてお願いしております。

ブログ記事内容と関係のない、観光に関するご質問、個人的ツアーのお問い合わせ等は下記メールアドレスへお願い致します。


コンタクトアドレス:
salzburg-info@excite.co.jp

@を半角記号の@に変えてご送信下さい。

このブログ内の文章・写真などは、それぞれの著作者に帰属しており、無断転載・引用はお断りしております。

リンクの際はご連絡をお願いします。
最新のコメント
laraさま え~..
by salzburg-info at 23:46
seppさま。 ..
by salzburg-info at 17:55
Juliさま 初め..
by salzburg-info at 16:16
yumi様 コメン..
by salzburg-info at 16:13
こんばんは。 初めてコ..
by Juli at 23:12
動物園好きの私としては、..
by yumi at 17:04
> りんご・ころろさん ..
by salzburg-info at 05:27
sepp様、嬉しいニュー..
by りんご・ころろ at 21:39
Yumiさま  先..
by salzburg-info at 07:46
もしかしたら、 sep..
by yumi at 19:57
カテゴリ
以前の記事
タグ
検索
ブログパーツ
記事ランキング
ブログジャンル
2016年 05月 27日

2016年シャフベルク登山鉄道(鉄+食べ物)

ザルツブルクは10~25℃前後まで行ったり来たりの毎日。
c0167813_6102436.jpg

先日ツアーにご参加くださったお客様が、当ブログの写真を印刷してお持ちになり、この写真を使ってレストランの注文をして下さったとの事!
c0167813_613624.jpg

なるほどと思った使い道、当ブログもたまには役に立っている様子。
非常に嬉しいご報告をありがとうございました!!


シャフベルク登山鉄道(リンク)
やっと快晴だったこの日、2016年初のシャフベルク登山鉄道へ。
c0167813_611419.jpg

相変わらずの急こう配ですが、すれ違いが3か所で可能になり、乗車時間は35分に短縮されました。
c0167813_6135473.jpg

あっという間に山頂へ。
c0167813_617236.jpg

早速昼食の為に、駅から歩いてHotel Schafbergspitzeへ登りましょう。
c0167813_6175645.jpg

c0167813_622025.jpg

セモリナ粉のスープ、
c0167813_624169.jpg

メインは豚のソテー、
c0167813_6243241.jpg

以前もそうでしたが、この付け合せのキャベツが美味しいのです!
c0167813_6251065.jpg

山頂だからといって特別高い事もなく、クオリティーも素晴らしく、毎回楽しみにしているレストランの一つです。
窓からはパラグライダーが見えたり、遠くのアルプスを眺めつつ、
c0167813_6262257.jpg


c0167813_6281296.jpg


マーラーの作曲小屋、そしてクリムトが絵を描いたアッターゼー(アッター湖)方向、
c0167813_629937.jpg

c0167813_630554.jpg


そして映画サウンドオブミュージックの結婚式シーンに登場する教会がある、モンドゼー(モンド湖)方向。
c0167813_631677.jpg


Oチャン様達とロープウェー等で上った、ダッハシュタイン山系方向はまだ雪。
c0167813_6331724.jpg


シャフベルク1783mにも僅かに雪が・・・。
c0167813_6353391.jpg

c0167813_6355546.jpg

c0167813_6362463.jpg


そして鉄ネタ的にはアプト式の線路でしょう。
c0167813_6372925.jpg

アプト式鉄道のポイント分岐!!!
c0167813_6381262.jpg

c0167813_6384275.jpg

c0167813_6391925.jpg


c0167813_6394866.jpg



最近にしては珍しく、とても落ち着いた一日になりました!


sepp





by salzburg-info | 2016-05-27 06:41 | ザルツブルク名所 | Trackback | Comments(0)
2016年 05月 10日

白アスパラガス+ザルツブルク郊外ナマズ湖

ザルツブルクは今日も快晴、25℃まで気温が急上昇!

2016年5月12日(木曜日)からは再び15~17℃に下がる予報・・・、お越しの皆様は引き続き半袖から長袖までご用意を!

先日は用事でザルツブルクから約20kmのWallersee(和訳・ナマズ湖)へ。
c0167813_265373.jpg

2万年前に氷河が溶けて出来た湖と湿地帯が多い地区、湖は一部2mの深さを掘った場所。
全長5,5Km 幅2,0Kmとあまり大きな湖ではありません。

水質はザルツカンマーグートの石灰系硬質より柔らか目・・・。
c0167813_275023.jpg


業務でザルツカンマーグート地方の湖に出かけるものの、ゆっくり湖畔を歩く様な事はありませんが、この日は途中で昼食と散歩時間!!

都合により先に昼食、地元の友人による案内でこちらへ。
Greischbergerhof
BIO(有機栽培)のみを使った農家併設のガストホーフ(レストラン+ホテル)
c0167813_2115688.jpg


この日は非常に人が多く賑わっており、
c0167813_2123715.jpg

メニューはそれほど多くなく、この日は季節物の『白アスパラ』を選択。
私は白アスパラと七面鳥のソテー、
c0167813_2133381.jpg

ザルツブルク市内のレストランとも違い、量が多く、なかなか七面鳥が見えません。
c0167813_2145760.jpg

七面鳥が見えて一安心、ソースもなかなか素晴らしく、美味しく頂きました。
c0167813_2152666.jpg

今年は白アスパラを自宅料理し、外で食べるのもこれが2回目?

友人は白アスパラのヌードル、
c0167813_2165921.jpg

一口頂きましたが、ソースがどうかな? もう少し麺に合わせてもよいのでは・・・。
でも白アスパラはさすがです!
c0167813_2181524.jpg

友人にご招待頂きました、ごちそうさまでした、ありがとうございました!

そしてレストランは元々農家なので・・・、
c0167813_3285489.jpg

かなり大型のウサギ、
c0167813_3291830.jpg

c0167813_330597.jpg

ロバの親子など、大人も子供も見に来ていました。
c0167813_3474450.jpg


そしてWallersee(ナマズの湖)の散歩へ、
c0167813_3491824.jpg

昨年作曲家のS氏ご夫妻、クラシック大好きなのM理事長ご夫妻と昼食をしたGasthof Winklerを通過。
c0167813_3531544.jpg

c0167813_3533417.jpg


22℃とはいえ日陰はまだまだ涼しい湖畔、
c0167813_4281065.jpg

20Km程離れたザルツブルク市方向を望み、
c0167813_4285627.jpg

ドイツ方向も良く見えて、
c0167813_4292261.jpg


キンポウゲが素晴らしい湖畔の風景。
c0167813_4295817.jpg

c0167813_4301694.jpg


撮り鉄のSuzukkyさんは、この近くで鉄道撮影をしたことがあり。

ザルツブルク中央駅から、S-Bahn (S2)をStraßwalchen Bahnhof方向に進み、
20分も掛からずSeekirchen/Wallersee Bahnhof、またはWallersee Bahnhof等で下車すると湖畔が近いのでお勧め!

ザルツカンマーグート地方と違い、アルプスは間近に見えませんが、短い移動時間で湖を堪能することが可能です。

ウィーンから列車でザルツブルクへお越しの皆様は、ザルツブルク到着10~15分前に通過してご覧になってますね。

c0167813_17235660.jpg



sepp





by salzburg-info | 2016-05-10 04:51 | ザルツブルク名所 | Trackback | Comments(2)