ザルツブルク在住者による、グルメ・文化・旅行の贅沢日記
by salzburg-info
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
書く人々:

lara♀ (在住23年目):
音楽家
食と酒に命をかける仕事人
食範囲B級からS級まで


sepp♂ (在住20年目):
オーストリア国家資格ガイド・通訳
音楽専門書翻訳
バストロンボーン奏者
オーケストラ指揮

日本人同僚2人が共同で書く、ザルツブルク発のブログ。


当ブログコメント欄は、以前より記事に関しての内容にてお願いしております。

ブログ記事内容と関係のない、観光に関するご質問、個人的ツアーのお問い合わせ等は下記メールアドレスへお願い致します。


コンタクトアドレス:
salzburg-info@excite.co.jp

@を半角記号の@に変えてご送信下さい。

このブログ内の文章・写真などは、それぞれの著作者に帰属しており、無断転載・引用はお断りしております。

リンクの際はご連絡をお願いします。
最新のコメント
laraさま いや..
by salzburg-info at 04:48
sepp さま。 こう..
by salzburg-info at 01:50
> X.T.C.Beat..
by salzburg-info at 20:39
うわっ改めてコメント欄で..
by X.T.C.Beat at 11:08
> yumi様 コ..
by salzburg-info at 20:00
X.T.C.Beat様の..
by yumi at 22:39
> X.T.C.Beat..
by salzburg-info at 21:01
> りんご・ころろさま ..
by salzburg-info at 20:44
興奮してコメント長すぎて..
by X.T.C.Beat at 08:42
「ヴィーナスの乳首」! ..
by X.T.C.Beat at 08:40
カテゴリ
以前の記事
タグ
検索
ブログパーツ
記事ランキング
ブログジャンル
2016年 09月 08日

ザルツブルク音楽祭2016年 ラトル:ベルリンフィル

ザルツブルクは久々の快晴で27℃!
来週11日(月曜日)までは引き続き晴の予報で一安心。
c0167813_4373284.jpg


2016年のザルツブルク音楽祭は日程の問題から、
c0167813_4404992.jpg

1.メータ指揮 ウィーンフィル ブルックナー:交響曲第4番
2.モーツァルト: ドンジョヴァンニ (名古屋のK様のご招待を頂き、ありがとうございました!)
3.ノリントン指揮 カメラータ・ザルツブルク ベートーヴェン:交響曲第3番
4.ウェルザー・メスト指揮 クリーヴランド管弦楽団 (業務の都合で行くことが不可能になり、日本人の友人に代わりに行っていただきました)
5.ラトル指揮 ベルリンフィルハーモニー管弦楽団 マーラー:交響曲第7番

以上の演奏会にしか訪問が出来ませんでした。
c0167813_4412494.jpg


今年は上記の中からノリントン指揮 カメラータ・ザルツブルクの演奏会が一番印象に残る演奏。
いつもの曲が新鮮に、そして最後まで楽しく安心して聴けたのはロジャーとカメラータの相性の良さでしょうか?
c0167813_4431384.jpg


ドンジョヴァンニはダルカンジェッロの歌が素晴らしかったのと共に、演出が実に分かりやすく、ウィーン本店とザルツブルクに支店がある、「あるホテル」のイメージの服装、建物などがオーストリアらしく、こちらも非常に好感が持てました。

そしてラトル指揮 ベルリンフィルでは、
c0167813_4401351.jpg

トランペット3人とテナーテューバのゲルトハルト氏がもの凄い好演。ここまでマーラーの7番で素晴らしい金管を聴かせるのは、現在のベルリンフィルが一番ではないでしょうか。
c0167813_4435925.jpg


ただ指揮は昔バーミンガムを振っていた頃とは違い、途中で手の動きを止める、そしてかなり下の位置で振っており、単純な所で段々オーケストラが合わなくなってきたのは残念・・・。
5楽章の単純なところでトランペットと弦楽器がピッタリ合わなくなるのは、ベルリンフィルらしくないですね~。

終了後、首席トランペット奏者の友人、首席トロンボーン奏者の友人と再会。
トロンボーンの友人とは1杯くらいは飲みに行こうかという話だったのですが、彼の体調不調で中止。
ベルリンフィルは最後のイギリスの演奏会まで、この後10日間のツアーが続いていたので大事を取るとの事。とはいいつつ、結局延々と彼の家の子供の教育話や最近の仕事の話などが続き・・・。

突然「そういえば新しいCDをまだ渡してなかっただろう?」と言い、楽屋に引き返すO氏。
c0167813_4475164.jpg

自身の新しいCDをプレゼントしてくれました。

次回はベルリンでゆっくり話しましょう。CDをありがとうございました!

来年のザルツブルク音楽祭はどういうプログラムになるでしょうか? 来年のザルツブルク音楽祭が非常に楽しみです。


sepp







# by salzburg-info | 2016-09-08 04:51 | 音楽 | Trackback | Comments(2)