ザルツブルク在住者による、グルメ・文化・旅行の贅沢日記
by salzburg-info
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
書く人々:

lara♀ (在住23年目):
音楽家
食と酒に命をかける仕事人
食範囲B級からS級まで


sepp♂ (在住20年目):
オーストリア国家資格ガイド・通訳
音楽専門書翻訳
バストロンボーン奏者
オーケストラ指揮

日本人同僚2人が共同で書く、ザルツブルク発のブログ。


当ブログコメント欄は、以前より記事に関しての内容にてお願いしております。

ブログ記事内容と関係のない、観光に関するご質問、個人的ツアーのお問い合わせ等は下記メールアドレスへお願い致します。


コンタクトアドレス:
salzburg-info@excite.co.jp

@を半角記号の@に変えてご送信下さい。

このブログ内の文章・写真などは、それぞれの著作者に帰属しており、無断転載・引用はお断りしております。

リンクの際はご連絡をお願いします。
最新のコメント
yumi さま、 ザル..
by salzburg-info at 20:38
まさぴ。さま。 私にと..
by salzburg-info at 20:31
lara様、sepp様、..
by yumi at 18:46
オトコ目線かもだけど、特..
by まさぴ。 at 16:30
seppさま あれっ明..
by salzburg-info at 19:47
和菓子いいですね~~~~..
by salzburg-info at 18:26
>laraさま コ..
by salzburg-info at 18:23
seppさま。 あーも..
by salzburg-info at 05:27
>laraさま い..
by salzburg-info at 21:04
sepp さま 驚きで..
by salzburg-info at 17:50
カテゴリ
以前の記事
タグ
検索
ブログパーツ
記事ランキング
ブログジャンル

sepp





by salzburg-info | 2017-05-08 19:19 | 食事 | Trackback | Comments(2)
2017年 05月 07日

2017年 2℃から20℃へ回復のザルツブルク

ザルツブルクは4月28日2℃で雪!

ミラベル庭園から、ホーエンザルツブルク城が見えず・・・。
c0167813_06312912.jpg
ザルツァッハ川沿いに来ても、まだホーエンザルツブルク城はほとんど見えず、
c0167813_06321421.jpg
やっと雪が落ち着いてきて、祝祭劇場前からやっと見えました・・・。
c0167813_06331757.jpg
この日新婚旅行でいらしたお2人には、忘れられないザルツブルクの1日となったでしょう・・・。
暖かい日にもう一度お越しください!! お待ち申し上げております。



ところが5月1日は?
c0167813_06350910.jpg
c0167813_06362378.jpg
暑いくらいでした・・・。
c0167813_06374416.jpg

c0167813_06382967.jpg
サウンドオブミュージック最後のシーンで後ろに写っている、ウンタースベルク1853mもハッキリ見えて・・・。

ザルツカンマーグート地方ヴォルフガング湖、
c0167813_06410413.jpg
c0167813_06412086.jpg
シャフベルク登山鉄道駅から、山頂も見えました。
c0167813_06413222.jpg
c0167813_06414627.jpg
ホテル白馬亭とヴォルフガング教会が良く見えた日。

最近にしては非常に珍しく、この日は2万歩以上を歩いた日。
c0167813_06415282.jpg
思っている程大したカロリーは消費しないのですね(笑)。

今日5月6日も素晴らしい天気だったザルツブルク、5月7日現在の予報では5月9日(火曜日)まで気温が下がる予報なので、皆様お気をつけて!
5℃~20℃まで調節が利く服装を!





sepp





by salzburg-info | 2017-05-07 06:46 | ザルツブルク名所 | Trackback | Comments(0)
2017年 04月 27日

2017年 アッターゼー(アッター湖) マーラーの作曲小屋

ザルツブルクは今日も寒く、ハッキリしないお天気。
日本のゴールデンウィーク中盤(5月に入ってから)は暖かくなる予報、変わりやすい天候と気温に対応できる服装を!

先日暖かかったある日、久しぶりにザルツカンマーグート地方アッターゼー(湖)のマーラー作曲小屋へ。

マーラーは交響曲第2番の一部と、3番をここで作曲。当時は静かだったこの湖畔へ、ウィーンから静けさを求めて訪れました。

現在はAktivhotel Föttingerホテルのフロントで小屋のカギをもらい、キャンピング場になっている湖畔の小屋へ進み、中に入る事が出来ます。
c0167813_22083950.jpg
c0167813_22084881.jpg
この日はまだホテルが復活祭休暇中でお休み。カギを借用することが出来ず、中を見る事は出来ずに残念。

c0167813_22093558.jpg
中にはマーラーが使ったピアノが置いてあります。まさか100年後、周りがキャンプ場になるとはマーラーも想像していなかった事でしょう。

この日は素晴らしい天候と暖かい一日。
c0167813_22090618.jpg
ザルツカンマーグート地方で一番大きな湖、アッターゼーが地中海の海の様に輝いていました。
c0167813_22173574.jpg
さて今週から来週にかけてのザルツブルクの天候情報は?
c0167813_22181546.png
最高気温6℃~16℃の幅・・・、さすがに最近あまりの気温変化で身体が疲れ気味。ご旅行の皆様はお気をつけてお越しを!




sepp





by salzburg-info | 2017-04-27 22:20 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
2017年 04月 24日

2017年 シャフベルク登山鉄道・シーズン開始準備中!

ザルツブルクはやっと晴れ! 2017年4月25日(火曜日)は20℃を超える予報、ところが翌日水曜日は9℃、ご訪問の皆様は調節の出来る服装を!

映画サウンドオブミュージックのドレミの歌シーンに登場する、シャフベルク登山鉄道。
2017年の運行開始は4月29日(土曜日)からの予定(悪天候の場合は運休)。

c0167813_05161775.jpg
鉄道好きなお客様御一行に鉄道の詳細な内容をご紹介していたところ、友人職員からお声が掛かり、

『そんなにご興味があるなら(NHKラジオ第一放送でも鉄道ネタを喋った、私の事ですね・笑)、今日は特別許可で車庫見学をしようじゃないか』とのお誘い、

5両しか残っていない1893年・1894年製の本物蒸気機関車!!
c0167813_05163290.jpg
8月の日曜日に1日1回だけ運行する蒸気機関車。

c0167813_05445726.jpg
毎年丁寧に分解して動態保存しています。


そして通常運行に使われている、1992年・1995年スイス製のディーゼル燃料を燃やして蒸気を作るタイプ、
c0167813_05463509.jpg
こちらも毎年丁寧に分解清掃してシーズン開始に備えます、
c0167813_05483053.jpg
c0167813_05491442.jpg
ついでに『そういえばアプト式機関車のギアーを見たことがないから、下に入っても良い?』と質問したところ、『おお、良いぞ!』との事。
c0167813_05513161.jpg
おおおおお、マニア垂涎のアプト式機関車底部!!!! いや~、持つべきものは乗り物会社の親しい友人ですね!!!
c0167813_05521926.jpg
全く分からない皆様の為に線路の写真を。
c0167813_05532471.jpg
日本では無許可で線路に入って問題になった芸能人の方もいらっしゃいましたが、私たちは職員から許可を得ているので安心!

標高600mの駅から標高1753mの山頂駅まで、直線距離で5.9Km、急勾配最大26%を登るため、機関車のギアーをこの線路の真ん中のラックレールと噛み合わせて列車は上がって行きます。

この区間の様に2本のラックレール(ギザギザレール)と噛みあうと、最大35トンまで機関車が引っ張って上がっていけます。

更に驚いたのは、このレールが安全かどうか、シーズン中は毎週1回線路を目視点検しながら歩いて山頂まで点検して行くとの事!!!(驚)
いくら5.9kmとはいえ、高低差1100m!! 2人1組でかなり慎重に点検しているそうです。

この日は本格的に詳しいアメリカ人マニアの方がいらしていたので、鋭い質問。
c0167813_06033146.jpg
『今どきはこの蒸気機関車のボイラー部分を製造する会社が非常に少ないのが問題だが、一体どこの会社が製造しているのか?』との事!
職員もかなり驚いていましたが、『スイスとチェコに数少ない会社があって、もちろん値段を考えるとチェコ製だが、シャフベルク登山鉄道はスイス製を使っている』との事。

さすがプラット&ホイットニー社(ジェット機エンジン製造会社)にお勤めの方は質問が違いますね~。

c0167813_06082943.jpg
冬のシーズンは毎年毎年完全分解清掃修理をしていて素晴らしい事です。

今までシャフベルク登山鉄道の事故は無いとの事。

今年用のブレーキパッドも見せてもらい、
c0167813_06100901.jpg

c0167813_06111907.jpg
最後に外にある新しいディーゼル・電気併用型機関車の詳しい説明を、
c0167813_06121998.jpg
2010年・2016年製のディーゼル・電気併用型機関車は、登りに使うディーゼル燃料が30リッター(旧型のディーゼル燃料を燃やす機関車は登りに130リッター!!!)。
下ってくる際は登りで発生した電気を蓄えたバッテリーで、ブレーキを掛けながら下りてくるためディーゼルモーターはストップしてあるとの事!!
と言う事は1100m登って下ってきても使用ディーゼル燃料は30リッター、旧型機関車は下りも燃料を使うので260リッター!
燃料効率の経済的な差が大きいので、今後は見た目が良くない(観光客が残念がる)ものの、このタイプが主流になるだろうとの事。

スイスの登山鉄道では車両で発生した電力を架線に戻すという、通常の鉄道と同じシステムが既に導入されているとの事。
もしかするとシャフベルク登山鉄道もいつの日か数十年後に電化されているかもしれませんね~。

この日友人職員は山頂まで列車で上がってトンネル工事で出た石を貨車で降ろす作業があるとの事、
『時間があればみんなで上まで一緒に列車で行っても良かったのにな~、残念』と、

残念なのは私の方です!!!!!!! シーズン前に機関車に乗って上がる事が出来たのに残念!!

今年もまたシャフベルク山頂からのこの風景を見に行きたいものです!!
c0167813_06223915.jpg
(上の写真は2016年8月の風景)





sepp





by salzburg-info | 2017-04-24 00:00 | 鉄道 | Trackback | Comments(0)
2017年 04月 23日

2017年 ついにオーストリアのスーパーマーケットで『おにぎり』販売!!

ザルツブルクはやっと雪から解放され雨(笑)。
12℃まで気温が上がったのでひとまず良いと言う事に・・・。

今日近所の一般的スーパーマーケット ドイツREWEグループのBilla(Billige Laden)に行ったところ、こんな物を発見!!
c0167813_04334227.jpg
おにぎり!!!

寿司は既にSPARでもBillaでも売られていましたが、ついに鮭照り焼きのおにぎりまで(写真右側)。
自分で作った方が安いというご意見がこの方からありましたが、ブロガーとしては一度試してみるべき???

オーストリアのお昼ご飯の定番として進出するでしょうか?!?!(笑)




sepp

c0167813_04393788.jpg
2017年4月21日のヴォルフガング湖とシャフベルク山1783mの風景。






by salzburg-info | 2017-04-23 04:38 | 生活 | Trackback | Comments(2)
2017年 04月 20日

2017年 ミラベル宮殿の桜 最終回?

ザルツブルクは今日も雪がちらつく1日・・・、4月20日の12時でまだ0℃~1℃の間。

ザルツブルク・ミラベル庭園の桜は流石にそろそろ終了。
最後に一目見ようとミラベル庭園へ。
c0167813_19051820.jpg
c0167813_19055467.jpg
大分雨と風で散ってきていますね・・・。
c0167813_19061984.jpg
葉っぱが青々と出てきて、
c0167813_19064272.jpg
写真を撮影していると、ミラベル宮殿内から私を大声で呼ぶ人が、
最近何度も新聞に登場しているこの友人某局長アレクサンドラ(笑)。
c0167813_19155706.jpg
©Salzburger Nachrichten

『時間があるなら事務所でコーヒーでもどう?』とのお誘いで、ザルツブルク市役所ミラベル宮殿内へ。

なるほど、この風景が友人の事務所から見える様子! 内側から見るのもなかなか良いですね~。
c0167813_19200513.jpg
最近ゆっくり話をしてなかったので、お互いの近況話、そして新聞で話題の問題などを討論しつつ・・・。
c0167813_19223075.jpg
窓辺にはエリザベス女王陛下とアインシュタインがお花見!(笑)

今年2017年のザルツブルクの桜は終了でしょう、また来年を楽しみに!


日中は雪が降ったり止んだりしつつ、夜は本当に雪・・・。
c0167813_19363485.jpg
c0167813_19371215.jpg


sepp





by salzburg-info | 2017-04-20 19:40 | ザルツブルク名所 | Trackback | Comments(3)
2017年 04月 19日

2017年 ウィーン・シュヴェヒャート空港見学デッキ

ザルツブルクは本格的に寒く、雪交じりの雨が降ったり止んだりの4月18日(火曜日)・・・。
今年のザルツブルク復活祭音楽祭50周年記念、1週目の演奏会シリーズにいらした皆様は天候に恵まれてラッキーでしたね~!

随分前の暖かいある日、業務ウィーン日帰り。

2017年初、外でカフェに座れました。
c0167813_06193243.jpg
N響の友人から紹介されて2度目にお会いする学生さんを待ちつつ、外カフェ1回目。

ウィーン中央駅に戻ると、
c0167813_06221937.jpg
c0167813_06220432.jpg
ハンガリー私鉄車両が、オーストリアの首都ウィーンからスロヴァキアの首都ブラティスラヴァへ向かう列車を運行している事を発見!

以前ヴィザが必要で面倒だった国が、今はこうして普通の通勤列車として移動可能・・・。時の流れを感じます。

そして今回初めてウィーン・シュヴェヒャート空港へレールジェットで移動、たった15分! 通常の乗車券で乗ることが出来ます。ウィーンMitte駅からの空港特別特急より安いですね。
c0167813_06262657.jpg
早めに到着したので、ふと思い出したのがウィーン・シュヴェヒャート空港に新しく出来た、空港見学デッキ!
c0167813_06292386.jpg
初めてのウィーン・シュヴェヒャート空港見学デッキは5ユーロ(2017年現在)。
c0167813_06334816.jpg
金属探知機とX線検査を受けて上がると、
c0167813_06352023.jpg
なが~~~~い、見学デッキが登場。

ちょうどウクライナ航空がプッシュバックされるところ、
c0167813_06355559.jpg
手前はカタール航空、離陸中のオーストリア航空旧塗装限定機、
c0167813_06404097.jpg
あまり最近調子が良くないLCC エアーベルリンからルフトハンザ航空にリースされたエアバスA319、
機体番号はD(ドイツ)なのにルフトハンザ航空の子会社オーストリア航空の塗装。
c0167813_06414724.jpg
こちらも未塗装のエアーベルリンからのリース機体、真っ白な機体は珍しいですね(笑)。
c0167813_06433794.jpg
見学デッキの一番裏側まで行くと、反対側のボーディングブリッジを見る事が可能。
この日の着陸滑走路34側が若干見えます。
c0167813_06452036.jpg
この日の離陸滑走路29番へ向かう、アシアナ航空貨物機、かなりの重量があるのが分かります。
c0167813_06491012.jpg
ここへ懐かしの2機、成田~ウィーン直行便に使っていたボーイング777-200型機OE-LPA, OE-LPB!
この2つの機体にはウィーン在住時、またザルツブルクから乗り換えて何度も飛びました。
c0167813_06501011.jpg
成田~ウィーンの直行便が無い今、私はザルツブルクからミュンヘン空港へ移動し、ミュンヘン~羽田を毎回使っています。
EU内での乗り換えが無いため、羽田空港で購入した液体がそのままミュンヘンへ持ちこめるという利点があるからです。

EU以外の空港内(免税店等)で購入した液体は、EU内での乗り換えがある場合は没収されてしまうので要注意です。
最近は羽田などの免税店等で「EU内の乗り継ぎはありますか?」と確認していますね。

アエロフロート航空モスクワ行き
c0167813_06551920.jpg
世界中の空港消防車のシェアを日本のモリタと二分する、オーストリア・リンツのローゼンバウアー社製空港消防車『パンサー』
c0167813_06565114.jpg
次回何かの機会に参加したい、ウィーン・シュヴェヒャート空港見学ツアー、時間が無くて残念でした。
c0167813_07003657.jpg
5ユーロで延々と楽しめるウィーン・シュヴェヒャート空港見学デッキ、そろそろ時間なので到着フロアーに降りましょう。
c0167813_07024447.jpg
相変わらずコンパクトで分かりやすいウィーン・シュヴェヒャート空港。

私はウィーン空港へ来ることが無くなりましたが、オーストリア連邦鉄道ÖBBのレールジェットが空港駅から直接発着するようになり、ザルツブルク中央駅から約2時間45分。ザルツブルク中央駅からミュンヘン空港までもほぼ同じ2時間20分前後(長距離バスの場合は約3時間)。

ザルツブルク市内からザルツブルク空港までタクシーで15~20分。

以前と違ってザルツブルクから様々な空港に移動出発する可能性が増えて、出発地選びは航空券の安い順に決める事が可能。

オーストリアへの旅行も大分様変わりしましたね~。





sepp






by salzburg-info | 2017-04-19 00:00 | 航空機 | Trackback | Comments(0)
2017年 04月 17日

2017年 ミラベル庭園の桜!

ザルツブルクは再び寒くなり最高気温10℃前後、4月19日は雪のマークまで(汗)。
早くまた20℃超えになってほしいものです!

そんな中、ザルツブログ恒例のお花見がミラベル庭園の桜の木の下で行われました。

3月下旬のある日、laraさんのお声掛けで集まった3人。

東京のプロオーケストラからザルツブルクのオーケストラへ移籍して来たAyakoさん、料理人(首席ヴィオラ奏者)のNobuyaさんと私。

お花見の前、私はオーストリア滞在20年で初めて被害者として警察の事情聴取を受けましたが、何もなく無事ですのでご安心を(笑)。
5月1日発行の在オーストリア日本大使館領事部のメールニュースレターに掲載される予定です。

この日はまだ1分咲き?
c0167813_22193131.jpg
c0167813_22194203.jpg
laraさんの素晴らしい御準備で、日本酒!!
c0167813_22195242.jpg
c0167813_22200461.jpg
復活祭前なので、復活祭の玉子も頂きました!
c0167813_22232030.jpg
この日の桜はまだまだでしたが、気候は非常に暖かく、夜まで外で楽しめました。

首席ハープ奏者Dorisからのプレゼント、希少なザルツブルク産のワインを頂き。
c0167813_22234403.jpg
まだ残っているマカルト広場の木蓮を見つつ。
c0167813_22240952.jpg


その1週間後、ミラベル庭園の桜は満開!
c0167813_22321475.jpg
友人の市役所内事務所はこの木の裏側だそうで、中から良く見えるとの事。
c0167813_22323242.jpg
c0167813_22324726.jpg
c0167813_22330037.jpg
c0167813_22331354.jpg

更にあと1週間後、今年は4月中旬まで持ちました。長持ちですね~。
c0167813_22395234.jpg
c0167813_22401054.jpg
c0167813_22402875.jpg
穏やかな春の日、今週は雨・雪の予報ですが、早く暖かくなってほしいところです。
c0167813_22432621.jpg
今年もう一度お花見が出来ると良いですね~!



sepp





by salzburg-info | 2017-04-17 22:52 | ザルツブルク名所 | Trackback | Comments(2)