ザルツブルク在住者による、グルメ・文化・旅行の贅沢日記
by salzburg-info
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
書く人々:

lara♀ (在住23年目):
音楽家
食と酒に命をかける仕事人
食範囲B級からS級まで


sepp♂ (在住20年目):
オーストリア国家資格ガイド・通訳
音楽専門書翻訳
バストロンボーン奏者
オーケストラ指揮

日本人同僚2人が共同で書く、ザルツブルク発のブログ。


当ブログコメント欄は、以前より記事に関しての内容にてお願いしております。

ブログ記事内容と関係のない、観光に関するご質問、個人的ツアーのお問い合わせ等は下記メールアドレスへお願い致します。


コンタクトアドレス:
salzburg-info@excite.co.jp

@を半角記号の@に変えてご送信下さい。

このブログ内の文章・写真などは、それぞれの著作者に帰属しており、無断転載・引用はお断りしております。

リンクの際はご連絡をお願いします。
最新のコメント
yumi さま、 ザル..
by salzburg-info at 20:38
まさぴ。さま。 私にと..
by salzburg-info at 20:31
lara様、sepp様、..
by yumi at 18:46
オトコ目線かもだけど、特..
by まさぴ。 at 16:30
seppさま あれっ明..
by salzburg-info at 19:47
和菓子いいですね~~~~..
by salzburg-info at 18:26
>laraさま コ..
by salzburg-info at 18:23
seppさま。 あーも..
by salzburg-info at 05:27
>laraさま い..
by salzburg-info at 21:04
sepp さま 驚きで..
by salzburg-info at 17:50
カテゴリ
以前の記事
タグ
検索
ブログパーツ
記事ランキング
ブログジャンル
2016年 07月 12日

オーストリアの茹で豚+わさび添え

ザルツブルクは夜になって雨が降り始め、いよいよ気温が急降下の雰囲気。

久々にザルツブロガーのlaraさんと一緒にお食事する機会があり、うちから割と近いのに行ったことが無かったWeiserhof(ヴァイサーホーフ)へ初訪問。

laraさんは以前かなり頻繁にいらしてたそうですね。

Gasthof Weiserhof

Weiserhofstraße 4
A-5020 Salzburg

開店時間
月曜日~金曜日 11:00~23:00
土曜日・日曜日・オーストリアの祝日定休
c0167813_6494487.jpg

伝統的な料理にこだわりを持つお店、最近のGasthof(レストラン付き旅籠のような形態)ではメニューがだいぶ普通のレストランになりつつありますが、こちらは違います。

私はかなりの空腹だったので、まずはスープから。
c0167813_631430.jpg

laraさんは、このレバー団子スープに、
オーストリアの白ワイン「グリューナーヴェルトリーナー」が合うとお勧め。

私は自主的休肝諸事情により25日間アルコールを飲んでないので、アルコールフリーのビールを・・・。
c0167813_645578.jpg


レバー団子のスープは、団子も柔らかく、味も血なまぐさくないというスタイル。
c0167813_6332278.jpg

大抵は団子が固すぎたり、スープの塩味が濃すぎるのですが、非常に素晴らしい完成度でした。
c0167813_6343778.jpg


そしてlaraさんはメインが、お酢のソーセージ。
このメニューに使われているソーセージは、牛肉、豚肉、ベーコン、そして繋ぎにジャガイモの澱粉が入ったオーストリアスタイル。
c0167813_638442.jpg

しかも自家製!
ここに生玉ねぎ、お酢、そしてパンプキンシードオイルが少々。
c0167813_639999.jpg

laraさんは、夏これを良く食べていますよね~。
このソーセージはさすがに自家製で、普通のお店のものとは全く違います!
さらにパンも自家製。
c0167813_6424725.jpg



私のメインはKrenfleisch(クレーンフライシュ)、Krenはホースラディッシュ、Fleischはお肉。

昔Novaでドイツ語を習っていた時に、全くドイツ人の講師たちには理解されなかった単語!(笑)
オーストリアのローカルな名称と食べ物です。
c0167813_6421684.jpg


豚の三枚肉をブイヨンと茹でて(少々甘目の味付け)、その上に人参などの茹でた野菜と共に、ホースラディッシュを大量に載せてきます。
c0167813_6444957.jpg


このホースラディッシュが辛くないと、擦ってからしばらく時間が経過しているという意味に。
c0167813_6454278.jpg


この料理は初めてオーストリアを1人で15歳の時に訪問した28年前、父の友人であるトーンキュンストラー管弦楽団チェロ奏者Yさんが連れて行って下さったガストホーフで食べて以来、非常に好きになった料理。

ところが最近、ザルツブルクのあたりでは見かけることなく、食べる機会が無かったので非常に嬉しい再会でした!! 次回は自宅で作りましょう~。

c0167813_649989.jpg


laraさんには色々と積もる話を聞いていただき、ありがとうございました!!

値段も通常のレストランと比べてかなり安めなので、またの機会に訪問出来ればと思っています。


c0167813_6521615.jpg



sepp







by salzburg-info | 2016-07-12 17:00 | 食事 | Trackback | Comments(2)
2016年 06月 15日

2016年教会の長い夜@ノンベルク女子修道院教会

ザルツブルクは2016年6月14日一日雨がほとんど降らず、夜になってからの夕立。
c0167813_5462456.jpg

午前中のレオポルツクローン宮殿(映画サウンドオブミュージックでは、トラップ一家の裏側として登場)は穏やかな様子。


c0167813_5502430.png

2016年6月10日はオーストリア年に一度の「教会の長い夜」、全国各地の様々な教会で演奏会、舞踏、朗読、料理など、様々な催し物が行われました。

今年はモーツァルテウム音大からの友人で、カメラータザルツブルク・2ndヴァイオリン首席(コンサートミストレスも担当することがある)Michiが、シューベルトのクインテットを演奏するという事で訪問。

コンサート前の予定の都合で、普段は歩かない道路から教会に上がります、
c0167813_5561633.jpg

映画サウンドオブミュージックではジュリー・アンドリュース演じるマリアが勉強している修道院として登場。
実在のトラップ一家のマリアさんはここで勉強し、1927年にトラップ大佐と結婚した場所。
c0167813_5573327.jpg

c0167813_5591843.jpg

映画の中では、この門の所まで一旦修道院へ戻ってしまったマリアさんを子供たちが呼びにくるシーンが撮影され、表には1964年の映画撮影用に呼び鈴が付けられたものの、映画当時の呼び鈴は撤去されています。
c0167813_621635.jpg

ちなみに内部は女子修道院なので、教会と墓地以外の場所には立ち入れません。
映画は内部を別な場所で撮影しています。

天候が不安定で20度前後の日が多いとはいえ、日の長さは20:00でも明るいザルツブルク。
c0167813_6233062.jpg

ザルツブルクの音楽関係者はlaraさんも含めて、10人前後見かけました。
c0167813_6245351.jpg


F. Schubert: Streichquintett C-Dur D 956

シューベルトが亡くなる2ヶ月前に完成した曲、日本語では「シューベルト:弦楽五重奏曲」。

大抵作曲家は亡くなる直前になると、モニュメント的な難しい曲を作曲する傾向があるように私は思いますが、この曲も非常に演奏が難しく、特に第二楽章は映画音楽にも使用されているようですね。

練習回数が多くなかったとの事でしたが、教会の広さに合った音量、そして普段からの息の合ったアンサンブルで素晴らしい演奏でした!
c0167813_6281434.jpg


終了後、演奏メンバー関係でパーティーがあったそうですが、私はドイツ在住のヴァイオリン奏者よしえさん、そして日本の大学の後輩でもあるホルン奏者のつばさくんご夫妻が突然のザルツブルク訪問!

絶妙なタイミングに連絡が取れて、さらに上手く演奏会後に会うことができ、1年半ぶりの嬉しい再会になりました。

若いご夫妻は相変わらずドイツで非常に努力している様子、陰ながら応援させて頂いています。


sepp







by salzburg-info | 2016-06-15 06:33 | 音楽 | Trackback | Comments(0)
2016年 06月 08日

ハモン・イベリコ@ザルツブルク

ザルツブルクは今日やっと快晴! 夕立もなく暑い一日。
c0167813_6479100.jpg

いつもの風景なはずが、家の前の工事現場のせいで・・・。そしてもの凄い騒音! 一日中家に居た今日は、事務仕事も騒音でなかなかはかどりません。
c0167813_648343.jpg


そんな中、大事な打ち合わせがあり、急遽laraさん、Erikaさんが集合。

前半はErikaさんの自作豆腐、
c0167813_650712.jpg

別件の揚げ出し豆腐、
c0167813_6503037.jpg

これも打ち合わせ用のうどんを食べつつ、
c0167813_6511415.jpg


laraさんが5月初旬にマドリッドから運んでくださり、わざわざ取っておいて下さった、「ハモン・イベリコ」を!
c0167813_6535100.jpg

Wikipedia日本語版より:
ハモン・イベリコ(スペイン語: Jamón Ibérico)はスペインのみで作られる黒豚イベリア種(セルド・イベリコ)の生ハムである。このイベリア種は、スペインではパタ・ネグラ(黒い脚の意)と呼ばれることも多い。

上記打ち合わせ食事を食べている途中、空気に触れさせる為の開封作業。

マドリッドのスペイン王立オペラオーケストラ ヴァイオリン奏者しょうこさんご用達のお店。
そこでハムを切るマイスターがわざわざ切ってくださったという、ザルツブルクでは手に入らない品。

ヴァイオリン奏者しょうこさんからのプレゼントとの事で、ありがとうございました!!



c0167813_655295.jpg

REALというのは英語で言うROYALに相当するので、REAL MADRIDは王立マドリッドサッカークラブなわけで、オペラ座もREALな王立オペラ、そしてこのお店もREAL!

さすがは王女様と気軽に話した事があり、オペラ座近くでタパスを食べるとファンの方が話し掛けてくるという、しょうこさんならではの繋がり。
c0167813_658399.jpg


この日はマドリッド情報を日々発信している日本人女性もいらしていたとの事。
マグロの話など、非常に興味深いホームページです!

事前連絡で、赤ワインが必要との事でしたが、うちには安いスペイン・テネリファ島産の赤ワインしかありませんでした・・・。
c0167813_6593168.jpg

が、これが意外と合いました。

そして超有名マイスターの切り方は、脂身が多いところは短く薄く、脂身が少ないところは長めで厚めに見えました。
c0167813_73589.jpg

最初は実に深い木の実のような味、そして後半はチーズのような発酵食品の味!!!
私もスペインは何度か行っているので、同じようなハムを食べた事はありますが、全然違いました!

実は普段ヨーロッパに住んでいるのにハム・ソーセージ等はまず食べませんが、今回は脂身が非常に美味しく、またすぐ食べたくなる味わいでした。

恐らくこれをオーストリアのスーパーで売っているように、均一に薄く切ったら何も意味がない事でしょう。


やはり持つべきものは日本でも外国でも、地元在住の友人ですね~。しょうこさん、ありがとうございました!!

ある方が日本へ持ち帰り忘れたハムなのですが、とはいえわざわざ1ヶ月も私の為に取っておいて下さってありがとうございました!

次回は沢山購入して来て下さい(笑)。


sepp







by salzburg-info | 2016-06-08 07:12 | 食事 | Trackback | Comments(0)
2016年 05月 30日

白アスパラ料理でlara様お誕生日会

ザルツブルクは昨日の暑さから一気に20℃へ急降下。
今週しばらくは晴・雨・曇りの不安定な予報。

ほぼ1ヶ月前ですがlara様お誕生日会の話。

1663年創業のBärenwirtへ。

Bärenwirt
Müllner Hauptstraße 8
5020 Salzburg

Tel. +43 (0)662 422 404
定休日なし
11:00~23:00
料理
11:30~14:00
17:30~21:30

ミラベル庭園裏から川を渡ってすぐなので、旅行でいらしても行きやすい場所。


この日はヴァイオリン奏者、モーツァルテウム音大講師、弁護士、カメラマン、ブロガー(笑)などlaraさんの親しい友人が集合。

それぞれがお誕生日プレゼントをお渡し、特に素晴らしかったのがヴァイオリン奏者Eさんからの凝ったプレゼント!
c0167813_17244644.jpg

中からお手製の朝食付き宿泊券が登場、
c0167813_1726090.jpg


オーストリア伝統料理のお店、皆でワイワイ話しながら注文を練ります。

カメラマンA氏は伝統的なSchweinsbraten(豚のロースト)を注文、ガッツリ系。
c0167813_17282052.jpg


Mちゃんはケーゼノッケルン(チーズすいとん)、
c0167813_1742121.jpg


Eさんは普段からあまり夕食を食べない人なので、白アスパラスープ。
c0167813_17432822.jpg


普通の白アスパラを食べたのは誰だ?(笑)
c0167813_17424575.jpg


laraさんとErikaさんは、白アスパラの揚げ物(だった記憶)
c0167813_17391595.jpg

揚げた白アスパラはウィーンで食べた事がありましたが、実に美味しそうですね~。

そして仕事がハードだったこの日の私は、白アスパラとステーキのガッツリ系。
c0167813_17442096.jpg


脂身の少ないお肉と白アスパラ、そしてソースがお肉にも合って素晴らしいものでした。

写真が無いものの、レストランのほぼ向かいで醸造しているザルツブルクのAugstiner Bierが素晴らしく。

lara様を囲んでの楽しい話は尽きません。

そして〆に出てきたのがシュナップス。
c0167813_1748183.jpg

c0167813_1748198.jpg

松(?)か何かだった記憶がありますが、話した内容は覚えているのに、最近記憶の低下が激しいので飲み物は覚えていません(笑)。

そして思いがけずlara様に、全員がごちそうになっていてビックリ!!!
ヨーロッパでは誕生日の人が皆さんをご招待しますが、ここまでの人数で各自が好きなように注文しての事ですので、それはどうかと・・・。
次回はこちらの方でオーガナイズさせて頂きましょう。

今回来れなかった友人達が居たそうですが、再びこうした気の置けない友人達の集まりが出来るととても嬉しいですね。

lara様、お誕生日おめでとうございます、そしてごちそうさまでした!



sepp







by salzburg-info | 2016-05-30 17:55 | 食事 | Trackback | Comments(2)
2016年 05月 13日

《lara追記あり》ザルツブルクのオーストリアワイン専門店De Gustibus

ザルツブルクは20℃から、明日5月13日以降はしばらく13℃で雨・・・。
c0167813_613054.jpg

今日は山が良く見えましたが、明日以降は難しいでしょう。


先日laraさんからのお誘いで、新しく出来たオーストリアワイン専門店にて、ワインテイスティングの会をしましょうとの事。
ついてはlaraさんご希望の「うどん」を提案するために、一度同行してほしいとの事で初めてお邪魔しました。

場所はモーツァルテウム音大新校舎、そしてミラベル宮殿・ミラベル広場近く、
c0167813_6342591.jpg

c0167813_6345679.jpg

De Gustibus

Bergstrasse 14, A-5020 Salzburg(google Map)

営業時間 月~金曜日 11:00~20:00

2016年4月下旬に元々ワインが非常に好きだったオーナー カール・ハインツ氏が、オーストリアのワイン、発泡性ワイン、シュナップス等に特化し、安いワインから高いワインまで幅広く揃っているのが特徴。
c0167813_6371212.jpg

ワインテイスティング会の話を進めるには、まず試飲という事で、
c0167813_6403997.jpg

グリーンアップルの様な香りと書いてありましたが、実際にはフレッシュなワインの香り?
c0167813_6422861.jpg

飲みやすくも薫り高い発泡性ワインは、低地オーストリア州のものでした。

オーストリアの白ワイン(写真なし)も試しましたが、7,40ユーロという値段には思えない素晴らしい品質。

そして立地が良いので、ザルツブルクの新聞社やモーツァルテウム音大に提供しているカメラマン、そしてザルツブルクに非常に長く在住している韓国人指揮者でモーツァルテウム音大講師のY氏など、色々な人と偶然会ってワインの話などが出来て非常に素晴らしいものでした。

ここには写真が無いロゼワインも、元々のブドウが高価な種類なので味が弱くなく、ロゼワインにありがちな「香りはするものの、味が感じられない」という事がありませんでした。

ロゼの発泡性ワインもあり、
c0167813_6542173.jpg

c0167813_6545344.jpg


オーストリアのシュナップス(蒸留酒)
c0167813_6564522.jpg

c0167813_657485.jpg


ウーフードラー種ブドウ(野生種に近いと言われるブドウ)による発泡性ワイン
c0167813_6575654.jpg


最後に赤ワインも頂き、私は別な用事があるため移動。
c0167813_6594843.jpg

lara 注>このワイン「ブラックペッパー」、なんと冷蔵庫でキンキンに冷やしていただくという、ものすごく珍しい赤ワイン!コレは日本の春夏に良さそう。。
山菜、筍、そうめん?!!夢が広がります。
そしてこの日、同じ造り手で一段階上級クラスのシラー レゼルヴェ 2011年(それでも良心的なお値段18、50ユーロ!) を購入、早速ワイン好きの2人に振る舞ったところ、2人揃って開口一番「室温では高すぎるね」。その時の気温は20℃。そうだった!店主カールハインツにも「最適は16℃ね」と言われていたのだった!! 慌てて冷やします。あらためてワイン好き達を尊敬!ダテではありませんでした。<



そしてワインテイスティング会は「日本の食べ物と合わせる」というlaraさんのコンセプトに合わせて、3つの食べ物を提供する事に最終決定。

ハッキリとした時期は未定ですが、6月中に出来れば良いですが・・・。

具体的な日程が決まり次第、ブログにてご案内致します。ザルツブルク・ザルツブルク近郊在住の皆様、お時間がある皆様のお越しをお待ち申し上げております(全体で15名程度を考えております)。

c0167813_742031.jpg




sepp












sepp さん、店名やリンク、詳細を完璧にありがとうございます!

ミーティングは通りかかった知り合いも巻き込んで、楽しい飲み会みたいになりましたね016.gif

ロケーションばっちり、小さなキッチンの下見もオッケー。

食事ではなく、あくまでもテイスティング。及ばすながらバランスに配慮したいと思います。

店名 デグスティブスは、検索してみるとラテン語の慣用句の始まり
„De gustibus et coloribus non est disputandum.“
「味と色は討論する意味なし」
から取ったものと思われ、デギュスタシオン(試飲、試食)とかけているのでしょうか?
個人の好みですよ、と幅を持たせてくれているところが、とても有り難いですね。

Japanese cuisine are not only SUSHI...
Wine and Japanese tastes, coming up soon in De Gustibus!

lara



by salzburg-info | 2016-05-13 07:05 | お酒 | Trackback | Comments(2)
2016年 05月 10日

白アスパラガス+ザルツブルク郊外ナマズ湖

ザルツブルクは今日も快晴、25℃まで気温が急上昇!

2016年5月12日(木曜日)からは再び15~17℃に下がる予報・・・、お越しの皆様は引き続き半袖から長袖までご用意を!

先日は用事でザルツブルクから約20kmのWallersee(和訳・ナマズ湖)へ。
c0167813_265373.jpg

2万年前に氷河が溶けて出来た湖と湿地帯が多い地区、湖は一部2mの深さを掘った場所。
全長5,5Km 幅2,0Kmとあまり大きな湖ではありません。

水質はザルツカンマーグートの石灰系硬質より柔らか目・・・。
c0167813_275023.jpg


業務でザルツカンマーグート地方の湖に出かけるものの、ゆっくり湖畔を歩く様な事はありませんが、この日は途中で昼食と散歩時間!!

都合により先に昼食、地元の友人による案内でこちらへ。
Greischbergerhof
BIO(有機栽培)のみを使った農家併設のガストホーフ(レストラン+ホテル)
c0167813_2115688.jpg


この日は非常に人が多く賑わっており、
c0167813_2123715.jpg

メニューはそれほど多くなく、この日は季節物の『白アスパラ』を選択。
私は白アスパラと七面鳥のソテー、
c0167813_2133381.jpg

ザルツブルク市内のレストランとも違い、量が多く、なかなか七面鳥が見えません。
c0167813_2145760.jpg

七面鳥が見えて一安心、ソースもなかなか素晴らしく、美味しく頂きました。
c0167813_2152666.jpg

今年は白アスパラを自宅料理し、外で食べるのもこれが2回目?

友人は白アスパラのヌードル、
c0167813_2165921.jpg

一口頂きましたが、ソースがどうかな? もう少し麺に合わせてもよいのでは・・・。
でも白アスパラはさすがです!
c0167813_2181524.jpg

友人にご招待頂きました、ごちそうさまでした、ありがとうございました!

そしてレストランは元々農家なので・・・、
c0167813_3285489.jpg

かなり大型のウサギ、
c0167813_3291830.jpg

c0167813_330597.jpg

ロバの親子など、大人も子供も見に来ていました。
c0167813_3474450.jpg


そしてWallersee(ナマズの湖)の散歩へ、
c0167813_3491824.jpg

昨年作曲家のS氏ご夫妻、クラシック大好きなのM理事長ご夫妻と昼食をしたGasthof Winklerを通過。
c0167813_3531544.jpg

c0167813_3533417.jpg


22℃とはいえ日陰はまだまだ涼しい湖畔、
c0167813_4281065.jpg

20Km程離れたザルツブルク市方向を望み、
c0167813_4285627.jpg

ドイツ方向も良く見えて、
c0167813_4292261.jpg


キンポウゲが素晴らしい湖畔の風景。
c0167813_4295817.jpg

c0167813_4301694.jpg


撮り鉄のSuzukkyさんは、この近くで鉄道撮影をしたことがあり。

ザルツブルク中央駅から、S-Bahn (S2)をStraßwalchen Bahnhof方向に進み、
20分も掛からずSeekirchen/Wallersee Bahnhof、またはWallersee Bahnhof等で下車すると湖畔が近いのでお勧め!

ザルツカンマーグート地方と違い、アルプスは間近に見えませんが、短い移動時間で湖を堪能することが可能です。

ウィーンから列車でザルツブルクへお越しの皆様は、ザルツブルク到着10~15分前に通過してご覧になってますね。

c0167813_17235660.jpg



sepp





by salzburg-info | 2016-05-10 04:51 | ザルツブルク名所 | Trackback | Comments(2)
2016年 05月 06日

2016年 日本・オーストリア間のワーキングホリデー制度開始

ザルツブルクは昨日に引き続き快晴。
c0167813_1682955.jpg

今日の予報は24度ですが、どうなるでしょう?
c0167813_1618842.jpg



2016年4月14日、日本とオーストリア間のワーキングホリデー制度の口上書交換式が行われ、2016年7月1日から制度がスタートするそうです。

ワーキングホリデー終了後も引き続きオーストリアでの労働が可能かどうかなど、細かい情報はまだありません。

18~30歳以下で、その他様々な条件がありますので、詳細は駐日オーストリア共和国大使館、在オーストリア日本大使館にお問い合わせを。

c0167813_16132017.jpg

昨日2016年5月5日はイエス・キリスト昇天祭の祝日でお休み、そして今日は金曜日ということで、一日休暇を入れて週末を連休にしている人が多く、静かなザルツブルクの街です。
c0167813_16134147.jpg


sepp







by salzburg-info | 2016-05-06 16:16 | 生活 | Trackback | Comments(0)
2016年 05月 05日

2016年ゴールデンウィーク後半のザルツブルク

ザルツブルクは今日(5月4日)まで雨・・・、今日は10度程度までしか上がらず、冷え冷えとした一日。
c0167813_7521966.jpg

ザルツカンマーグート地方モンドゼーの街から、映画サウンドオブミュージックの登山鉄道シーンに登場する『シャフベルク』1783mを見ると、山頂は再び雪!

シャフベルク登山鉄道は除雪作業が終わり、明日5月5日から中断していた運行を再開との事。
c0167813_7575130.jpg

©Photo: SchafbergBahn & Wolfgangsee Schifffahrt

ところがザルツブルクは明日5月5日(キリスト昇天祭祝日)以降、気温急上昇。
c0167813_823290.jpg

週末には25℃まで上がるようで、今から期待しています!


sepp







by salzburg-info | 2016-05-05 08:03 | ザルツブルク名所 | Trackback | Comments(0)