ザルツブルク在住者による、グルメ・文化・旅行の贅沢日記
by salzburg-info
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
書く人々:

lara♀ (在住26年目):
音楽家
食と酒に命をかける仕事人
食範囲B級からS級まで


sepp♂ (在住23年目):
オーストリア国家資格ガイド・通訳
オーケストラ・合唱指揮
音楽専門書翻訳


日本人同僚2人が共同で書く、ザルツブルク発のブログ。


当ブログコメント欄は、以前より記事に関しての内容にてお願いしております。

ブログ記事内容と関係のない、観光に関するご質問、個人的ツアーのお問い合わせ等は下記メールアドレスへお願い致します。


コンタクトアドレス:
salzbloger@gmail.com

@を半角記号の@に変えてご送信下さい。

このブログ内の文章・写真などは、それぞれの著作者に帰属しており、無断転載・引用はお断りしております。

リンクの際はご連絡をお願いします。
最新のコメント
Y様 コメントをありが..
by salzburg-info at 03:09
laraさま え~..
by salzburg-info at 23:46
seppさま。 ..
by salzburg-info at 17:55
Juliさま 初め..
by salzburg-info at 16:16
yumi様 コメン..
by salzburg-info at 16:13
こんばんは。 初めてコ..
by Juli at 23:12
動物園好きの私としては、..
by yumi at 17:04
> りんご・ころろさん ..
by salzburg-info at 05:27
sepp様、嬉しいニュー..
by りんご・ころろ at 21:39
Yumiさま  先..
by salzburg-info at 07:46
カテゴリ
以前の記事
タグ
検索
ブログパーツ
記事ランキング
ブログジャンル

sepp





by salzburg-info | 2017-05-08 19:19 | 食事 | Trackback | Comments(2)
2017年 01月 10日

キュウリとシルベスター&ニューイヤーコンサート

こまめに、いきます。

シルベスターとニューイヤーは、まずザルツブルクのモーツァルテウム大ホールで。

今年のテーマは「世界のダンス」でした。

すごい曲数、プローベの写真撮る余裕もなく。。



ありがたくありがたく、大盛況のおめでたいコンサート。

お客さんがはけた後のカンティーネで二度のコンサート後、セクトが振舞われました。


2日から5日までは念願のお休み!

なんと大掃除やお正月らしい料理を、時間を取り戻すように順不同で急いで楽しみます


こちらは日本からのプレゼント、だ、だ、獺祭!!!

(日本酒はなんでも有り難いのです、こんなに凄いのじゃなくたって。。ああ、名古屋のお兄さんに頂いたお酒を持って来れなかったのも悔やまれます〜!!)

c0167813_07470744.jpg


ロシアイクラとキュウリとクリームチーズ
c0167813_07470898.jpg





しかもこのところ紅茶と英国紅茶文化が勝手に流行っていて、、、、
c0167813_07470998.jpg



掃除と練習の合間に、スコーンを焼きはじめる。。。
c0167813_07264330.jpg


アフタヌーンティーのOpus one、正月感満載
定番であるらしいキュウリサンドイッチにも挑戦しました
c0167813_07470968.jpg


アフタヌーンティー試作二作め、
ベジタリアン編
c0167813_07264447.jpg

結局正月は毎日キュウリ生活! 


何故か貼り付けられない写真があるので、
今日はあきらめます
008.gif

lara







by salzburg-info | 2017-01-10 07:17 | 食事 | Trackback | Comments(0)
2016年 06月 08日

ハモン・イベリコ@ザルツブルク

ザルツブルクは今日やっと快晴! 夕立もなく暑い一日。
c0167813_6479100.jpg

いつもの風景なはずが、家の前の工事現場のせいで・・・。そしてもの凄い騒音! 一日中家に居た今日は、事務仕事も騒音でなかなかはかどりません。
c0167813_648343.jpg


そんな中、大事な打ち合わせがあり、急遽laraさん、Erikaさんが集合。

前半はErikaさんの自作豆腐、
c0167813_650712.jpg

別件の揚げ出し豆腐、
c0167813_6503037.jpg

これも打ち合わせ用のうどんを食べつつ、
c0167813_6511415.jpg


laraさんが5月初旬にマドリッドから運んでくださり、わざわざ取っておいて下さった、「ハモン・イベリコ」を!
c0167813_6535100.jpg

Wikipedia日本語版より:
ハモン・イベリコ(スペイン語: Jamón Ibérico)はスペインのみで作られる黒豚イベリア種(セルド・イベリコ)の生ハムである。このイベリア種は、スペインではパタ・ネグラ(黒い脚の意)と呼ばれることも多い。

上記打ち合わせ食事を食べている途中、空気に触れさせる為の開封作業。

マドリッドのスペイン王立オペラオーケストラ ヴァイオリン奏者しょうこさんご用達のお店。
そこでハムを切るマイスターがわざわざ切ってくださったという、ザルツブルクでは手に入らない品。

ヴァイオリン奏者しょうこさんからのプレゼントとの事で、ありがとうございました!!



c0167813_655295.jpg

REALというのは英語で言うROYALに相当するので、REAL MADRIDは王立マドリッドサッカークラブなわけで、オペラ座もREALな王立オペラ、そしてこのお店もREAL!

さすがは王女様と気軽に話した事があり、オペラ座近くでタパスを食べるとファンの方が話し掛けてくるという、しょうこさんならではの繋がり。
c0167813_658399.jpg


この日はマドリッド情報を日々発信している日本人女性もいらしていたとの事。
マグロの話など、非常に興味深いホームページです!

事前連絡で、赤ワインが必要との事でしたが、うちには安いスペイン・テネリファ島産の赤ワインしかありませんでした・・・。
c0167813_6593168.jpg

が、これが意外と合いました。

そして超有名マイスターの切り方は、脂身が多いところは短く薄く、脂身が少ないところは長めで厚めに見えました。
c0167813_73589.jpg

最初は実に深い木の実のような味、そして後半はチーズのような発酵食品の味!!!
私もスペインは何度か行っているので、同じようなハムを食べた事はありますが、全然違いました!

実は普段ヨーロッパに住んでいるのにハム・ソーセージ等はまず食べませんが、今回は脂身が非常に美味しく、またすぐ食べたくなる味わいでした。

恐らくこれをオーストリアのスーパーで売っているように、均一に薄く切ったら何も意味がない事でしょう。


やはり持つべきものは日本でも外国でも、地元在住の友人ですね~。しょうこさん、ありがとうございました!!

ある方が日本へ持ち帰り忘れたハムなのですが、とはいえわざわざ1ヶ月も私の為に取っておいて下さってありがとうございました!

次回は沢山購入して来て下さい(笑)。


sepp







by salzburg-info | 2016-06-08 07:12 | 食事 | Trackback | Comments(0)
2016年 05月 30日

白アスパラ料理でlara様お誕生日会

ザルツブルクは昨日の暑さから一気に20℃へ急降下。
今週しばらくは晴・雨・曇りの不安定な予報。

ほぼ1ヶ月前ですがlara様お誕生日会の話。

1663年創業のBärenwirtへ。

Bärenwirt
Müllner Hauptstraße 8
5020 Salzburg

Tel. +43 (0)662 422 404
定休日なし
11:00~23:00
料理
11:30~14:00
17:30~21:30

ミラベル庭園裏から川を渡ってすぐなので、旅行でいらしても行きやすい場所。


この日はヴァイオリン奏者、モーツァルテウム音大講師、弁護士、カメラマン、ブロガー(笑)などlaraさんの親しい友人が集合。

それぞれがお誕生日プレゼントをお渡し、特に素晴らしかったのがヴァイオリン奏者Eさんからの凝ったプレゼント!
c0167813_17244644.jpg

中からお手製の朝食付き宿泊券が登場、
c0167813_1726090.jpg


オーストリア伝統料理のお店、皆でワイワイ話しながら注文を練ります。

カメラマンA氏は伝統的なSchweinsbraten(豚のロースト)を注文、ガッツリ系。
c0167813_17282052.jpg


Mちゃんはケーゼノッケルン(チーズすいとん)、
c0167813_1742121.jpg


Eさんは普段からあまり夕食を食べない人なので、白アスパラスープ。
c0167813_17432822.jpg


普通の白アスパラを食べたのは誰だ?(笑)
c0167813_17424575.jpg


laraさんとErikaさんは、白アスパラの揚げ物(だった記憶)
c0167813_17391595.jpg

揚げた白アスパラはウィーンで食べた事がありましたが、実に美味しそうですね~。

そして仕事がハードだったこの日の私は、白アスパラとステーキのガッツリ系。
c0167813_17442096.jpg


脂身の少ないお肉と白アスパラ、そしてソースがお肉にも合って素晴らしいものでした。

写真が無いものの、レストランのほぼ向かいで醸造しているザルツブルクのAugstiner Bierが素晴らしく。

lara様を囲んでの楽しい話は尽きません。

そして〆に出てきたのがシュナップス。
c0167813_1748183.jpg

c0167813_1748198.jpg

松(?)か何かだった記憶がありますが、話した内容は覚えているのに、最近記憶の低下が激しいので飲み物は覚えていません(笑)。

そして思いがけずlara様に、全員がごちそうになっていてビックリ!!!
ヨーロッパでは誕生日の人が皆さんをご招待しますが、ここまでの人数で各自が好きなように注文しての事ですので、それはどうかと・・・。
次回はこちらの方でオーガナイズさせて頂きましょう。

今回来れなかった友人達が居たそうですが、再びこうした気の置けない友人達の集まりが出来るととても嬉しいですね。

lara様、お誕生日おめでとうございます、そしてごちそうさまでした!



sepp







by salzburg-info | 2016-05-30 17:55 | 食事 | Trackback | Comments(2)
2015年 06月 30日

2015年 ザルツブルクの「カフェ・バザール」で朝食

ザルツブルクは今日も快晴!
気温はあまり上がりませんでしたが、湿度が高く、蒸し暑い感じだった、2015年6月29日。

急遽日曜日の朝食をカフェで取る事になり、外へ。
c0167813_610473.jpg

来月の重要案件のオーガナイズから、2016年3月、8月の事まで延々と調べ物、メール、連絡等が続き、そこに通常ツアーがある毎日・・・。

今日は8:30からメールが続き、12:00~18:00ツアー、その後別件の用事を済ませ20:30から再びメール作業、やっとブログを書き始めたのが23:00・・・。どこか(?)のブロガーの方と同じような状況でしょうか・・・。

忙しい中でも、たまには落ち着いて朝食をと思い、一番好きなモーツァルト住居下のカフェ・クラシックに行ったところお休み・・・。

他のカフェでの朝食も色々と試しましたが、量を多く食べられないので、コストパフォーマンスにザルツブルクで一番すぐれているのは、今までのところカフェ・クラシックだと思っています(他のカフェにあまり出かけないから?)。

そんな中、既に外に出てきているので、カフェ・クラシックの近所にあるカフェ・バザールへ。
マレーネ・ディートリッヒ、ザルツブルク音楽祭の創始者マックス・ラインハルト、同じく創始者で詩人のヒューゴー・ホーフマンスタールも訪れたカフェ。
c0167813_6182591.jpg


先日ベルリンへ出かけた時も、ホテルの朝食はあえて取らず、ベルリン市内のカフェに出かけたものの、オーストリアと同様な雰囲気+コストパフォーマンスは非常に難しい様子。さすがカフェ偏差値が高いオーストリア。

c0167813_6211864.jpg

う~ん、この場に及んでも、カフェ・クラシックの朝食メニュー表が頭に入っているので決めにくく・・・。

でも希望したメニューがあり、私も同じ物を注文。
店員の皆さんは非常に丁寧で、非常に気持ちよい対応。
(注・ランニングの途中に立ち寄った、上から下までスポーツの服装の方が、場に合わないという理由で入店拒否されたこともあるので、スポーツ以外の服装で来る必要があります)

c0167813_6261896.jpg

ザルツシュタンゲル(塩の付いたパン)に、最初からバターが塗ってあり、
c0167813_6264545.jpg

半熟の玉子が2個、
c0167813_627155.jpg

どこのカフェに行っても、この絶妙な茹で加減が嬉しいところ。希望すれば固ゆでにしてくれます。

珍しくゆっくりの朝食、他愛もない話をしつつ向かいを見ると、学生の頃良く通った中華レストラン跡の建物が・・・。小澤征爾氏もお気に入りだったあのレストラン、元経営者の方とは数か月に一度路上でお会いしますが、時の流れを感じます。
c0167813_6281174.jpg


ウィーン風の天井の高いカフェ、時によっては人の声が響きすぎで気になりますが、この日は皆さん外がメイン。
c0167813_630396.jpg


カフェで友人・知人と偶然遭遇し、短く話すことも多く、昔ながらのオーストリア・カフェ文化を感じ・・・。
c0167813_6323071.jpg


日本の大学の同級生が居るカナダ・カルガリーは週末30度超え、同じく同級生が居る北海道・小樽も33度、日本の大学の後輩がいるトンガ王国は南半球(冬)なので23度・・・。

ザルツブルクも今週はさらに暑くなり33度の予報、
c0167813_6331150.jpg


いよいよ夏本番でしょうか?




sepp
by salzburg-info | 2015-06-30 06:36 | 食事 | Trackback | Comments(0)
2015年 05月 20日

2014年11月 伝説のカックン先輩と目黒 カブトⅡ 《ラムすき焼き》

ザルツブルクは今週雨、雨、雨・・・。
c0167813_6544867.jpg

c0167813_65539.jpg

とはいえ、ツアー中はシャフベルクの山も見えたので、一安心。お客様のお一人が、父親の授業を受けたことがあるとの事でビックリ・・・、世間は狭いです。



忘れないうちに、2014年11~12月の日本滞在の話、

日本の大学の先輩、一緒に良く演奏したテューバ奏者の盟友カックン先輩と(由来等は昨年の記事をご参照ください)、再び今年も目黒駅徒歩2分の「カブトⅡ」へ。
c0167813_981873.jpg


カブトⅡ
東京都品川区上大崎2-25-12 みすずビルB1
Tel. 03-6421-7239
[火-金] 11:30-14:00 /17:00-23:30 
[土日祝] 12:00-23:00 月曜定休日

店長のきょうすけさんとは一年ぶり、でもフェイスブックで様子を拝見しているので身近な感じ。

まずは、『ラムわさ』! 山盛りホースラディッシュとラム肉。
c0167813_722599.jpg

良く混ぜてから頂きましょう。ラムに臭みがないので、マグロかクジラを食べているような感覚。
オーストリアにも新鮮なラムが多数あるので、出来るのでは?
c0167813_741612.jpg


そして『ラムコロッケ』、
c0167813_764623.jpg

クリーミーなコロッケに、ラム肉。全く違和感がありませんし、ラムの味もしますね。
c0167813_773311.jpg


ラム揚げ
c0167813_7124891.jpg

火の通り具合も良い感じ。
c0167813_714525.jpg

そこに登場したのが、岩塩2種!! 1種類はボリビア産岩塩、
c0167813_7152762.jpg

もう1種類は?
c0167813_7154884.jpg

ザルツブルクの岩塩(お店へのお土産・笑)
最近聞いた噂では、私がお店へお土産に持って行ったザルツブルク岩塩を、常連様向け裏メニューとして、出しているとかいないとか・・・・・・。

塩とラム、味に重要な組み合わせですね。
岩塩2種との味の違いを楽しみつつ、とても美味しく頂きました。

ラム尽くしでも全く飽きませんね~。

そして本日のメインは、ラムすき焼き・きのこ多数。
c0167813_7232479.jpg

前回はトマトソースでしたが、今回はあっさりとした和風に、きのこ多数。
c0167813_7243100.jpg

追加のネギが太く、甘く、素晴らしく、
c0167813_7252134.jpg

ラム肉を追加で入れましょう、
c0167813_7255531.jpg


そして今回は、ミュンヘンでも食べている西山製麺の麺ではなく、北海道・音威子府の蕎麦!
c0167813_7272980.jpg

ソバの実の外殻も使っているので、真っ黒。風味が濃厚!! この粉が手元にあれば、フィリップスのヌードルメーカーに入れて、ザルツブルクでも濃厚な蕎麦が・・・・・・・・。
c0167813_730264.jpg

いやはや、最初から最後までラム尽くし、そして飽きないメニューは素晴らしいですね。

毎年お邪魔したいレストラン、先日カックン先輩に、「今年もカブトⅡに行きましょうね」とメールしたところ、「まだ半年あるよ!! よろしく!!」と書かれてしまいました(笑)。

きょうすけさん、カックン先輩、今年もよろしくお願い致します。


カックン先輩から、この日懐かしい写真のご提供・・・。
c0167813_7333489.jpg

地下オーケストラピットで演奏した、学生時代のオペラ公演写真。
貴重な写真をありがとうございました!




sepp
by salzburg-info | 2015-05-20 07:36 | 食事 | Trackback | Comments(0)
2015年 04月 15日

ザルツブルクで、機械打ち『うどん』パーティー

ザルツブルクは暖かい毎日、ついに今週は26度まで上昇、
モーツァルト住居前の木蓮は満開を通り過ぎ、
c0167813_685549.jpg

c0167813_691379.jpg

c0167813_694216.jpg

(2015年4月12日撮影)

4月14日のザルツカンマーグート地方は、素晴らしい天候、
c0167813_65431100.jpg


ミラベル庭園の桜はあと1週間で咲くでしょうか?
c0167813_611104.jpg

桜の様子を見に行ったところ、桜の木の下のベンチに座るLaraさんとバッタリ遭遇(笑)。ザルツブルクが狭いとはいえ、会う事はないので、かなり驚き・・・。
(2015年4月13日撮影)


桜の木の下で偶然遭遇する数日前、Lara邸にて機械打ち『うどん』パーティーを急遽開催(ザルツブロガーの集まりは大抵急遽・笑)。
c0167813_6234884.jpg


イタリアからお越しのLara妹さん
ベラルーシ共和国出身の名伴奏者Irinaさんと、3歳半のSaraちゃん、ご主人でイタリア語教師Antonelloさん、
ザルツブルク地元弁護士・日本語が話せて、日本訪問4回のEvaさん

そしてフィリップスヌードルメーカーを、ザルツブルクで今のところ唯一持っている(?)sepp

麺の本場出身で、食材もイタリアで仕入れて料理しているというAntonelloが居るので、機械で『うどん』はどうかと思ったのですが・・・。

9kgのフィリップスヌードルメーカーと、110Vの降圧トランス6kgを自宅から徒歩で運び・・・、途中で袋が破れて動けなくなり(冷汗)。後でLaraさんに、「だからseppさんの家ですれば良かったのに~!」と言われつつ、

皆様の前で初お披露目、小麦粉はオーストリア産有機栽培の強力粉と普通をミックス、割合は秘密(笑)。意外と研究を重ねての結果です。
c0167813_6285525.jpg


8分のこね時間中、熱心に覗き込むベラルーシ+イタリアのご家族、興味津々!!
c0167813_634321.jpg


500gの小麦粉は、あっという間に麺になり・・・、
c0167813_6351515.jpg


イタリアには似たようなヌードルマシーンがあるそうですが、コンパクトさと静かさに驚いて写真撮影、
c0167813_636556.jpg


ゆで時間は12分、Lara邸のコンロ2つは大活躍、
c0167813_638035.jpg


冷たい麺はヨーロッパで一般的ではないので、少々抵抗もあったと思いますが、Laraさんご提供、「築地」直送の鰹節も載せて完成!
c0167813_6395031.jpg

大好評で安心しました! この短時間でこねて、さらに押し出す力が強いので本格的です。
もちろんモーツァルテウム管弦楽団首席ヴィオラ奏者N氏の手打ちには到底敵いません・・・。

とはいえ、もう以前の様に自宅の『うどん』残量を気にして食べる必要はありません! どんどん食べましょう。 


日本人3人と日本へ行ったことがある1人以外は、うどん初体験。
3歳半のサラちゃんも、初めてのうどん+醤油のタレを非常に喜んで下さって良かったです。
サラちゃんはこの日、「美味しくな~い、あまり好きじゃない」と言いつつ、柿の種を沢山食べたとの事(笑)、刺激の多い夜になった事でしょう。

Antonelloはイタリアのヌードルマシーンを購入して、比較してみるとの事。「でもこの機械の様には行かないだろうな・・・」と予測。イタリアの様に細かいセモリナ粉がオーストリアでは入手しにくいので、イタリア系パスタは簡単ではなさそうです。

アンコールにお答えしてもう500g、大人6人でしたので2回のうどんが必要ですね。
やはりオーストリア産の小麦は安心ですし、味が濃厚、他社の小麦も試す必要があるでしょう。

〆は日本語を話せる4人で、Laraさんのアルメニア演奏旅行時購入のアララトを(写真左奥の高清水は皆で全部呑んじゃいました、すみません・・・)。
c0167813_6482750.jpg

6年物と10年物、やはり香りが違いますね~、ありがとうございました!
c0167813_6504097.jpg


急遽集まっての『うどん』パーティー、Laraさんが色々な方を呼んでくださり、非常に楽しい夜になりました!
c0167813_6545634.jpg


皆様ありがとうございました!



sepp
by salzburg-info | 2015-04-15 06:56 | 食事 | Trackback | Comments(2)
2015年 02月 20日

釜石② 釜石で石窯。海鮮ピザ!!

今日も快晴!
みなさま、ザルツブルクへようこそ!

急いで釜石の続きを書かなければ、パリコレの二の舞いです。


細い坂道を、運転される方も
「えっ、、これ、どこまで行けるのかな? ここら辺でとめて歩きますか。。」

そろそろ岬が見える、高台に差し掛かります

c0167813_19234567.jpg


「がんばろう釜石」FBの写真でしか見なかった、釜石観音が美しく見える丘。

急な坂を更に登り、あるお宅へ。



はじめは鈴木さんが、恐る恐る^^;

私はその後ろでもっと恐る恐る!


「あのー、釜石に住んでおります、鈴木と申します、今、お話を伺っていて、⚪︎⚪︎さんのお宅にいらっしゃる方のお嬢さんと、こちらの方かお知り合いではないかと思いまして、お連れ致しましたー」

「はい、え〜っと私が、綾子さんに東京やパリでお世話になったモノです。。」
(恐る恐る^^;)


「あーはいはい、綾子のお友達ですね?はーヨーロッパから。そうでしたか。」
そうおっしゃるお母様は、やっぱり面影があるような!美人のお母様。

するとお庭の方からお父様登場!


「綾子は明日帰って来ますよ。ここで会えずに残念でしたね」

実は東京のショーで、綾子さんの叔父さまにお会いする機会がありました。
その叔父さまにそっくり!すぐにわかりました。

なんと、綾子さんが知らない間に私が勝手に、
ご実家訪問、ご両親にご挨拶037.gif037.gif037.gif

後で報告して、かなり笑われました!



ああ釜石、良いところ!!!


--------------------------------------

日が暮れてきました。


ピザリアの時間です053.gif


久しぶりのさおちゃん!(前川さおりさん)
東京でお会いしたのはこの日でした

ずっと決めていた、楽しみにしていた、「三陸海鮮ピザ」を!!

あ、その前に


ツブ貝の串、なんて素晴らし過ぎるメニューもあるのですよ〜!!

さっそくビールで
c0167813_19234726.jpg

c0167813_19234980.jpg



カンパーイ☆


さおちゃんが手際よく生地を伸ばして
c0167813_19235090.jpg

c0167813_19235282.jpg

c0167813_19235476.jpg

使うのは、
c0167813_19334569.jpg

c0167813_19334631.jpg
菜種油!

こういうの大好きです!
(そして"何でもかんでもオリーブオイル教"はキライ。本物だけを尊重したいです!)
実際、スッキリ美味しい、素晴らしい油でした。

肌に良さそう〜


c0167813_19235710.jpg

隣の港で揚がる、超新鮮な瑞々しいイカとタコが乗り024.gif
c0167813_1924099.jpg


ひゃー!
c0167813_1924294.jpg

イカ、イクラ、エビ!
c0167813_1924312.jpg

イヤーん。


旨すぎ。


ホントにオススメです。

みんな、釜石に行きましょうねっ!!!

なんか昨日からリンクが貼れないのですが、、、

釜石ピザリアは、コチラです!!

ピザリア イオンタウン釜石店 (PIZZARIA)

0193-27-8877


岩手県釜石市港町2-1-1 イオンタウン釜石 2F

10:00~21:00

ランチ営業


https://m.facebook.com/pizzaria.kamaishi?refsrc=https%3A%2F%2Fwww.facebook.com%2Fpizzaria.kamaishilara

by salzburg-info | 2015-02-20 18:31 | 食事 | Trackback | Comments(0)